乙姫神社

みやびの日記&エッセイ。 2006.11.9~ Copyright(c) Miyabi All Rights Reserved.
2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 日記(2011)
CATEGORY ≫ 日記(2011)
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

晦日大晦日

12月30日、一家そろって大掃除。
子ども達は玄関掃除と床ふき、窓ガラスの掃除を頑張ってくれた。
家の中にあるいらないものを断捨離した。
ゴミ袋5~6袋分になったと思う。N氏が役所に持っていってくれ一件落着。
だが、私の机の周辺は未だに片付かず…

12月31日
おせち料理作りに集中。今年は品数を増やし、昨年作りすぎたため煮しめの量は少なめにした。
子ども達がとても楽しみにしていて、「ワーイ! おせち料理早く食べたーい」と騒いでいてかわいらしい。
そのうちに「私、手伝う!!」と来てくれたは良いものの、火を通すものが多くて戦力になるどころか
ケンカをはじめたりとうるさかったので、怒りが極限に達した私はプリキュアのビデオを放映。
子どもがTVを観ている間の2時間、集中してなんとか仕上げたおせち料理と年越しそば。

紅白を少し観る。N氏いわく「AKBよりKARAとか少女時代の方が可愛い。スタイルもいいし」
私はどっちも可愛いと思うが、大人っぽいKARAよりも若い感じのするAKB派かなぁ。
スポンサーサイト

12月26日(月)


NNが病み上がりなので、同期との飲み会はパス。
今日は午前中事務局の年賀状の作成と投函。午後は課内の不燃物処理の仕事があったのだが、上司ストーン氏がきちんと他の担当に連絡していなかったせいで誰も動かず。屋上に積んであるポスターの山を片づけていたら、「他の担当にさせろ」とうるさい。あまりの縦割りにムカついた。
和三盆を賞品に、家族ですごろく。早くも新春気分。勝ったら好きなお菓子が選べるシステム。Mは羽子板、NNは扇N氏は門松、私は小槌を選んだ。
連日疲れる。こういう時は新しい事に手を広げないのが一番。と心の中で呟きつつ、クリスマスツリーやリースを片付け、ダイニングのタンスの上を整理した。少しすっきり。明日また続きをしたい。それにしてもストレスがたまっているせいか、買い物の量が多い。少し控えて、その分旅行にお金を回した方が経済的な気がする。

12月25日(日)クリスマスプレゼント



イブの深夜、N氏から手渡されたクリスマスプレゼント。
貰えるとは思っておらず大喜びした。
中にはカラフルなエプロンが入っていた。こういう明るい色を見ると元気が出る。
なんだか家事が楽しくなりそうだ。N氏、ありがとう。

クリスマスにふさわしく、清らかな朝だった。
窓からのぞく雪景色と冷気が心地よい。
Mはプリキュアのヒーリングチェスト(オルゴール箱に鍵盤がセットされたおもちゃ)、
NNはハミィ(白い猫)のぬいぐるみを貰っていた。
Mは「ワーイ、ワーイ! サンタさん来てくれたァ! ねえお母さん~」と大喜びだった。
NNは「ハミィ、白くてふわふわだよ。おかあさん、わたし、白くてふわふわの本当の猫が欲しい」
動物好きのNNらしい感想である。

年賀状の作成、全部パソコン頼みとは言え大変だった。
結婚や家を建てる人が多く、名簿の管理に加えてプリンターが故障したりと散々な目に。
来年は住所録を整理して出す枚数を少し減らそうか?とも思っている。

12月22日(木)

職場の忘年会。
終了後、後輩達を誘って2次会へ。
後輩達の話を聞いて盛り上げるはずが、
後輩達があまりに大人しすぎて私のワンマントークショーへ。
もしかして、飲み屋じゃないほうが良かったのではないだろうか。

その後、後輩男子2人と行った3次会はつい仕事の話に熱中し、帰宅したのが午前3時。
何も悪いことはしていないのだが、心配していたらしいN氏に物凄く叱られた。
普段クールなN氏も焼き餅を焼くというのが意外だったが……次回からはもっと早く帰宅せねばと思った。

それにしても、どうしたら後輩達がもっと元気になれるかなぁ。

12月18日(日)初エスカルゴ

今日は午後から幼なじみ3人でサイゼリヤで定例会。話に花が咲き面白かった。
初めてエスカルゴを食べたのだが、カタツムリを想像すると生々しいので、バイ貝と思うことにした。味はニンニクとオリーブオイルたっぷりで食べやすかった。意外と美味しい。こうしてみると日本のカタツムリも意外と食べられるかもしれない。
それにしても、エスカルゴを低価格でファミレスが提供できるなんて、凄い時代になったものだ。
 
寒いので浴槽に柚子を放り込んで柚子湯に。「ワーイ、ゆず湯だ!お母さんありがとう」と子ども達大喜び。N氏もご満悦。良い休日だった。

12月17日(土)初雪


昨夜のアリエッティを観ている時、底冷えを感じたのだが、やはり雪が積もった。うっすらとだが。
NNの風邪で延期していたが、インフルエンザ予防接種の2回目を受けてきた。Mが「ねえお母さん、雪で遊ぼうよ!」とあまりにしつこいので外へ。一時間半ほどそりで雪を運んだり雪だるまを作ったり。3人で雪を丸めてたこ焼きを作ったり、NNが砂糖の城を作ったり…いやはや、子どもの発想の豊かさに驚かされた。
それにしても、子どもの駄々はうざったいが、子どもらしく自己主張があって安心する。
夕食は鱈のムニエルに、白ねぎと牡蠣のグラタンをフライパンいっぱいに作った。
今週は外食せず節約。

12月15日(木)NN、ひらがなを書く



M(5歳8ヶ月)がおえかきボードに「あいうえお」「はひふへほ」と順番に書いているのを見て、NN(3歳4ヶ月)もついにペンを取った。書き順が無茶苦茶で鏡文字になっているが、突然「ま」の字を書いた。Mが私に添削してもらったのを真似て花丸で囲み、隣にはリボンを書いている。江戸時代の商家の看板みたいだ(笑)
続いて書いたのが「と」。これもほとんどの確率で鏡文字。でもこれで、「とまと」が書けそうだ。
3歳児はあどけなくて、本当に毎日毎日かわいくてしょうがない。

12月14日(水)じゃがいも


Mが保育園で掘ったじゃがいも。これは私が掘ったんだよ、と何度も誇らしげに言うので、気分が盛り上がっているうちにとすぐ調理してじゃがバターにした。
家族みんなで美味しく戴いた。掘りたては味が違う。
それにしても家族の中で今夏の北海道旅行を思い出したのは私だけかも?

12月13日(火)年賀状作成

moblog_6ff55c87.jpg


源泉徴収事務が無事終わってホッとした。短期間で大量かつ慎重に作業をこなさねばならないが、現場を仕切るのが苦手。それでも前よりはお願い上手になったようで〆切前日に全て完了。眠れないくらい心配していたので嬉しい。

明日は事業の片付けをちょこっとやろうかな。今日は同僚Jと課長と三人でラーメンを食べに行った。こってりバターコーンと店の名物であるチャーシュー麺がマッチしてまろやかな味わい。

夕食を終えて取りかかったのが不燃物の運搬、後輩軍団を引き連れての飲み会の会場予約、年賀状の作成。昔はプリントゴッコだったけど、パソコンがあると綺麗に仕上がるし楽だしありがたい。後は明日印刷して、クリスマスの準備に取りかからねば。ほんに師走は忙しいなぁ。

12月12日(月)姫とのコラボ

今日も実家に応援に来てもらい出勤した。
 
非常勤さんと二人で源泉徴収事務。頭も手際も良い美人さんで尊敬できる方。なんだかお姫様みたいな人だ。いつものおっとりした雰囲気でありつつも、チャキチャキとこなして下さり、予定よりも大幅に進んだ。
珍しいコンビのコラボレーション。楽しい時間でもあったなぁ。姫に感謝。
 
NNが咳き込んで嘔吐するのが心配だったので時間休を申請、小児科へ連れていった。
良くなっているとのこと。ようやく明日から保育園に行けそうだ。

最近、NNは子どもらしい表情を見せるようになった。
私似のMとはまた違い、なんだかN氏の系統を引く顔だ。
(赤ちゃんの時と全然顔が違うから、大人になったらまた全然顔が変わるかも知れない。)
しかし、MとNNも並ぶとまた似ているというから、家族って不思議。

そんなNNは我が家ではお笑い担当。「早く着替えなさい」と言うと、
「オカオカ~オカカカカ」とお尻を振って踊り始める。どこか憎めない。
しかし、赤ちゃん扱いすると悔しがる。

ふざけたりするNNだが、少し長めの昔話もちゃんと聞く集中力が出てきた。
お気に入りはお化けの本に出てくる、「汽車に化けた狸」と「踊る骸骨」の話。何度も読んでとせがんでくる。「一つ目小僧」の話もまぁまぁ気に入っていた。
一時期心配したが、絵本の好きな子どもに育ってくれて良かった。
私に似てお化け好きの子に育つかも?

12月11日(日)デジタルな週末


デジカメとN氏のパソコンが壊れたので買い替えた。ついでに私の携帯電話もMNPしてきた。しかしながら家電量販店は混んでいてとても疲れた。
あれば便利な道具だけど、買い替えは大変。
帰宅してMの自転車の練習に付き合う。家電の買い替えだけで何もできない1日だった。

12月8日(木)体力がないよ

N氏に子ども達をお願いし、今日も源泉徴収事務。年間のエクセル表が完成したので、差込印刷。
課長から「先月のイベントの後始末が出来ていない」と指摘があり、後輩君に決算書を作ってもらい、私は会議のセッティング。
こんな調子で納期に間に合うのだろうか…心配。
夕方になり、そういえばN氏とケンカしていた事を思い出し、家に帰りたくなくなった。しかし、NNの具合が心配だったのでやむを得ず帰宅。子はかすがい、とはうまく言ったものだ。
帰宅してから、どっと疲れが出てしばらく放心していた。
子どもが寝てから仕事を3時間ほどやって就寝。今日も1日疲れたなぁ…

給料日を楽しみに頑張る。

12月7日(水)NN発熱

最近は、年末調整や源泉徴収事務に追われている。展示会の景品送付の作業をパートさんにお願いしつつ、ちまちまと源泉徴収作業を進めていたのだが、N氏から電話が。
NNが保育園で熱を出したらしい。
夏以降風邪をひいていなかったので安心してたのだが、甘かった。
四時前に迎えに行き、小児科へ。
NNは熱性けいれん持ちなので、けいれんを抑える座薬を入れ就寝させた。
トイレから出てきたMが、暗闇を怖がってドアを閉めようとしない。業を煮やしたN氏がMを罵倒。
N氏の言い方がひどいので諫めたら夫婦喧嘩に発展。夫婦喧嘩の原因なんて、ほんとにしょうもない事ばかり。腹を立てたN氏が本屋かどこかに行ったので、私は二時間ほど仕事の続きをして、NNの手を握って眠った。
ホント毎日納期に追われて心休まらぬ日々。

no title



12月5日(月)クリスマスツリー設置

久しぶりに丸一日有休を取った。
本当はあまり仕事を休みたくは無いのだが、
たまにこういう日を設けないと蓄積した疲労が取れないので。

午前中は自分の衣服の整理。

午後から、食器・箸類を買いに行って、ついでにクリスマスツリーを買った。
帰宅するついでにハーゲンダッツを2個買った。

帰宅してハーゲンダッツを食べるとコタツに身を横たえた。
至福の時間であった。

本当は携帯電話を外装交換に出しに行きたかったのだけれど、これ以上動くのは無理と諦めた。

N氏と子ども達はクリスマスツリーに大喜び。
N氏がニコニコしながら組み立ててくれ、子ども達は金や赤の球をぶら下げたり、リボンを結んだりしていた。
点灯するとクリスマスムード満点!

大満足。今日は早めに眠ることができた。

11月29日(火)整理整頓

3時半に目覚めた。
寒くて起きるか迷ったが、4時に起き上がって子ども達のタンスの整理を始めた。ずっとやりたかったけど機会を逸していた。よれた服や小さくなった服は捨て、一定の数のみタンスに納めたらスッキリした。
NNが自分で服を取り出せるように、よく使う服や下着をNNの身長に合わせた場所に移動。
途中、Mがゴソゴソ起き出してきて、服を畳むのを手伝ってくれた。整理のポイントを教えたら納得していた。楽しい時間だった。

11月28日(月)憂鬱な月曜

日曜日、久しぶりに1日ゴロゴロして体を休めることができたのだが、やはり出勤が憂鬱すぎた。
例の大会や、その後の研修会で心身が疲れきってしまっている状態だ。
しかし、ある程度のヤマは終わったので、次のヤマに向けて黙々とデスクワークを頑張った。
昼には同僚男子HとJと共に中華料理店へ。レバニラを食べてパワーチャージ!
終業時間になった瞬間、ダッシュで帰宅し夕食を作り、子どもとジグソーパズルなぞして時間を過ごした。
Mは65ピースを余裕で組み立て、NNは30ピースをマイペースで組み立てた。構成力が着実についてきている様子。
NN、お姉ちゃんの歌に合わせてマルマルモリモリを上手に踊るが、じっと見ていると恥ずかしがってやめてしまった。
9時すぎに布団に入った。子ども達はすぐに熟睡したが、私は延々12時半ぐらいまで眠れなかった。

11月24日(木)宴会接待

今時分、こういう研修会を名目にした宴会なんて流行らないと思うんだけど、課長の一声で行かざるを得なくなった。
お客様には日頃お世話になっているから仕方ない。
無論、残業代は出ない。食事が出るから我慢してくれとのこと。

上司ストーン氏が全く使えず、懇親会の席次とか次第とか作って欲しいのに、研修会のついでに寄る寺の歴史資料作りにかまけているのでさすがに頭に来た。

大きいイベントが終わったにも関わらず、気の休まる間なし。

昼間、後輩のスポーツマン男子Hと一緒に受付をしてきた。寒かった。ひたすら寒かった。みぞれ混じりの天気雨の後、空に大きな虹のアーチが二重にかかったかと思うと、すぐに曇り空に消えていった。

夕方、課長と一緒に部長と来賓を迎えに行き、現地へお連れして資料を配り、後はコンパニオンよろしく酒を注ぎまくるのみ。
時間がかかるので、途中お酒を注ぐのはやめ食べに徹した。

一番腹が立ったのが、ストーン氏がデジタルカメラを部屋の金庫に忘れたとか言うので、会長さんから鍵をもらって部屋と宴会場を三往復したこと。結局カメラはストーン氏の鞄の中にあった。

予定を30分オーバーして終了。
部長と来賓を送り届けるが、いかんせん風邪気味で吐き気がひどかった。

課長もよく、取引先のパーティーに呼ばれたりしてるけど大変だなあ。管理職手当が出るとは言え残業代は出ないし。

9時半に帰宅すると家族は寝静まっていた。疲れ、どっぷりと朝まで眠った。

11月23日(水)インスピレーション

家族で金沢へ。
久々に第七ギョーザにてホワイトギョーザを食べた。
硬くて噛み切れないらしく、NNが悔しがって泣いていたので、
箸を使って餃子を細かくして与えた。NN、なんとか泣き止んだ。

金沢の街は移り変わりが早い。
県政記念館の「しいのき迎賓館」。初めて見た。

近代文学館に行ってきたのだが、これもリニューアルされていて楽しかった。
創作へのインスピレーションを得ることができた。

N氏の体調が悪く、鼻水がひどくなったので早々に帰宅することにした。

10月11日(火)透視能力

今日の取引先との電話。

私  「Sさん、こんにちは。いつも有難うございます」
Sさん「柚木さん、今日のお昼何食べるの?」
私  「私ですか、霞を食べて生きてますので今日もそんな感じです
    ところで本日の用件ですが・・・」

この会話に上司がウケていた模様。ちなみに今日のお昼は霞ではなくカレーピラフだった。

職場の同僚男子J、数日前にワイシャツの下に何も着ていなかったらしいことがあり、
服の下が透けていたのだが、私は見て見ないふりをしていた。

しかし今日…。
終業後に、何を血迷ったのであろうか上司ストーン氏が、
「J君の胸のポチッがカワイイな~
と言い出した。
Jとその後ろにいたUが恥ずかしそうに胸を押さえるポーズで退出。
思わず私は茶を吹きそうになってしまった。

「女の子だったら…セクハラですよセクハラっ!!」
ストーン氏「だってカワイイんだもん、胸のポチッが~」」

おかしすぎて腹がよじれそうだったが、その後意識してしまい、Jと目が合わせられなかった。
加えて、Jが私の係に用事に来る時にA4用紙で胸を押さえ、
「柚木ちゃん見てみて、サラシ!」と言ってくるのでおかしかった。

結局、20時半まで残業して帰った。

私「あぁ疲れた…疲れて来ると、なんだか皆の服が透けて見える…(Jの胸ポチを揶揄)」
J、ウケていた。

今日も一日疲れたぁ! これから家で夜なべ仕事をせねば。

10月10日(月)泉鏡花記念館へ/NN、お笑い系への道

3連休の前半2日を胃痛で潰してしまったので、
せめて1日くらいは、と家族で金沢に出かけてきた。

初めに行ったのが、泉鏡花記念館だ。
金沢三大文豪は室生犀星、泉鏡花、徳田秋声の3人なのだが、1人ずつ記念館を作って、
作品に関する展示を行なっている。
私はどれも行ったことがなくて、一度行ってみたかったのだ。
そんなわけで、一番好きな泉鏡花を選んだ。

鏡花の作品「龍潭譚(りゅうたんだん)」は、神隠しに遭った子どもが、
異界に迷い、亡き母を思わせる女性と出会う物語。
住職でデザイナーの中川学氏が手がけたイラストとのコラボレーションが、なんとも素敵だ。
新しいのに、どこか懐かしく興味を惹かれた。
また、僧侶が謎の女性に誘惑される「高野聖」の世界も面白い。
鏡花の世界に登場する女性は、皆ミステリアスで神秘的である。
読書の秋、というわけで泉鏡花の本を一冊買ってきた。

金沢フォーラスで食事。牡蠣料理専門店である「オイスター バー」にて
ガンボライスというルイジアナ州の郷土料理を食べた。
牡蠣とオクラのコラボレーション。見た目はカレーに似ていたが味は全然違った。

その後、インテリアショップなどを見て回ったが、「こんなお部屋が欲しーい!」と目を輝かせるMに対し、
NNは終始ふざけていて、N氏の足元にまとわりついていた。
N氏はすっかり持て余して抱っこして連れて歩いていた。

帰宅して義妹がくれたお肉ですき焼きを食べ、夜は子ども達とマーブルランで積み木&ビー玉遊びをした。

M 「ね~NN、私にも積み木ちょうだいよ~」
NN「積み木なんかない、オカッ!」

NNが目をクリッと向いてつま先立ち、変なポーズをした。
小学校の教室に一人か二人、必ずおちゃらけた男子がいるがそんな感じ。
そのひょうきんな様子に私とMは大爆笑。

赤子の時はムスッとして笑わなかったNNが、
これから我が家の笑い担当となっていくであろうことを感じた一瞬だった。

9月26日(月)達成の後は/NN、日本脳炎の予防接種へ

週末は課内旅行、その前の3連休は会社の一斉停電の立会いで2日間がつぶれ、休んだ気がしなかった。

そんな中、NNも3歳になったので午後休を取得し、日本脳炎の予防接種へ行ってきた。
NN、泣かずに耐えた。
Mは5歳になっても「エーンエーン…」と泣いていた気がするのだが。
NN、けっこう精神的にタフな子なのかも知れない。

予防接種が無事終わり、保育園にMを迎えに行った。
M達は緑色の帽子をかぶり、園庭で遊んでいた。
「Mちゃん、お母さん迎えにきたよー」
5歳児達が私を発見、Mに伝えた。5歳にもなるとしっかりしてる。
「あっ、NNや!!」
5~6人の園児が車を取り囲んだ。
「NNちゃん、今日どこ行ってきたん?」
私が「注射行ってきたよ」と言ったら、「泣いたん?」と聞かれ、かぶりを振るNN。
「凄いぜ~」と言われ、ちょっと恥ずかしそうだけど誇らしげなNNだった。

その後実家へ。実母と実弟に子ども達を託し、私は惰眠をむさぼった。
実家ありがたし、である。

帰宅して夕食を作った。N氏は残業。

無事作品の投稿も終了したので、夜は机の周辺を片付けた。
散らばった原稿用紙や旅行用品など。
次のアクションに気持ちを切り替えていくためにも、
この「リセット」が結構大事な作業。

全部片付くまで後もう少しなんだけど、気長に片付けていくこととしよう。

小説関係は秋の締切に無事間に合ったので、今度は春に設定しようと思う。
規定枚数も多いから、腰をすえてじっくり取り組んでいきたい。

9月23日(木)涙の理由

朝、出かける直前になってNNが「エーンエーン」とぐずりだした。
こんな事は珍しい。いつもはお姉ちゃんと一緒におとなしく保育園に行くのに。
もしや、3連休中2日間が仕事で潰れたから寂しかったのだろうか。

今日は某イベントの審査会があり、朝から一日忙しかったのだが、
審査会終了後、時間休をもらって帰ってきた。

「NN、ごめん! 寂しかったやろ?」

ところが、原因は、出かける前におしっこに行きたかったのだが言い出せなかった事らしい。
保育園に着くなり、もらしたそうだ。
ホッとしたような、がっくり来たような……。

とにかく、まだ3歳になったばかりだから朝はちゃんと支度ができたかどうか、
きちんと確認しなければ。

9月20日(火)投稿してきた

推敲に推敲を重ね、作品がようやく完成した。
月末は課内旅行やイベントなどの予定が押しており、
ゆっくり仕上げられる状況ではないと思い前倒しで投稿。

妹に相談すると、
「姉さんまだ(仕事・家事育児しながら)小説書いとったん!?」と驚かれた。
「なんで?」と言うと「根性あるわほんまにー。お母さんも姉さんの事『根性ある』と言っとった」。
そんな事はない。多分しつこいだけだと思う。
移り気じゃないから、これと決めたら貫くことしかできないのだ。だからいつもワンパターン。

験をかつぐため、大安の昨日書き上げて、(今日は赤口だが発送して)21日先勝の午前中に到着する予定。
ちなみに、今回は駅南のローソンからゆうパックで、朝5時に出してきた。
外はどしゃ振り。
店員のお兄さんの眠そうな表情が忘れられない。

まあ、ベストは尽くしたので、後は運を天に任せたいと思う。

初めは、内容からペンネームの事やら悩みに悩んでいたのだが、
今となっては不思議と吹っ切れた気分。
次回作の事を考えよう。

9月18日(日)3連休2日目/獅子舞

昨日のトラブルに対処するため、今日も出勤。
システムの常駐の方と、システム管理担当の課長が来てくださり、無事復旧。
機械が2台壊れていた。
連休の真ん中の日を潰してしまったことを丁重にお詫び申し上げ、お礼を言った。

夕方からは娘ふたりを連れて獅子舞を見に、祖父母宅へ。
敬老の日のプレゼントには、祝い金小額とあたたかそうな羽織を。
手厚いもてなしを受けた。

小さい子がかわいらしかったようで、大人たちは大喜びしてくれた。
北海道旅行の写真を皆さんにお見せした後、念願の獅子舞へ。
獅子を見つつ、いとこ二人とゆっくり話した。
(Mは楽しかったようで、最近NNと二人で段ボール箱をかぶって獅子舞ごっこをしている。)

前に文学賞佳作を戴いたときに舞台のモデルにさせてもらった神社へお礼参りをしてきた。
山の中の静かな社。
私が巫女になりたいと思うきっかけを下さった神社だ。
この社の神様のお陰で、巫女として奉仕した5年間はかけがえのない宝物だ。
本当にありがとうございました。

叔父がパチンコで大勝したらしい。お小遣いを戴いた。
縁起の良いお金。今なら私にもいい事があるかも知れぬ。

祖父母にはいつもお世話になってばかりで祖父母孝行なんてなかなか出来ないけれど、
しいて言えばたまにひ孫の顔を見せに行くことが一番の孝行、と思う。
祖父母も80代、いつまでも元気で長生きしてほしい。

笑顔でいられるのも、皆さんのおかげ。親戚一同に感謝。縁を大事にしようと思った。

9月17日(土)3連休は休日出勤

職場の電気関係の部品が、耐用年数の15年を越えた為部品交換となった。
業務に支障が出ないよう、休日に交換作業。
したがって、私とTさんが交代で立会い。
蒸し暑い一日であり、業者の皆様にジュースを配るなどした。
無事滞りなく作業終了し、業務用冷蔵庫やエレベーターの動作なども確認したのだが、
いかんせんネットワークが繋がらず、某課に連絡を取ることとなった。
いやー、気づいてよかった。
プリンターが繋がらなければ月曜に大事な文書が印刷できなくて困るだろうし(ちょうど今大事な時期)。

そんな訳で、次の日も出勤(涙)。
女性上司が「明日、私も出てこようか」と言ってくださったのが救いだ!
子ども達への埋め合わせはまた今度。

9月10日(土)後輩Fの結婚式へ

職場のモデル系美女・Fが結婚することになり、結婚式へ行ってきた。
曇り空だったが、式の最中はずっと晴れてくれてほっとした。

式場は広くて豪華な西洋風邸宅。
結婚式場って、最近の流行が結構ダイレクトに出ると思う。
新婦はモデル系美女だけあって予想通り綺麗だった。
ただ、メイクがいつもと違うだけで別人みたい。
F、結婚式のカタログに掲載されてもおかしくないくらいの美貌。
なのに、花を参列者に渡す時に「マッチ売りの少女です」と言いながら渡すといういつものお笑いキャラ全開。
周囲にすごく気を遣う子なので、
2次会でお母さんから届いた手紙には彼女の気立ての良さが本当に良く伝わってきて
私も泣きそうになってしまった。

クラスで浮いている子がいたら、積極的にグループに引き入れたり、
席替えでは嫌われている子の隣に座ったり、おばあさんの介護や病院への付き添いもしていたらしい。
彼女の心の美しさを見習いたいと思うと同時に、
Fの末永い幸せを心から祈った―そんな一日だった。

っていうか、専門職の後輩女子二人がすごく大変そうだった。
2次会は飲食物がテイクフリーの状態だったのだが、先輩たちの皿を取りに行くのに右往左往。
私も一緒に行ったけど、
あれじゃあ、心の休まる間が無いよ。専門職の女子社会ってそんなに過酷なのだろうか。可哀想に。
どこかで彼女達がリラックスできる場を設けねばと思った。
異業種交流飲み会でもセッティングするかなぁ。

9月6日(火)北海道旅行4日目~帰還~

 7時頃起床、東京ドームホテルでの朝食。落ち着いた内装のレストランでゆっくりと朝食を楽しんだ。窓から見える札幌の大通りは緑豊かで、傘を差した人が足早に歩いていた。
 ホテルの土産屋さんでショッピングをした後、空港へ。
 余裕を持って出たはずなのに、道が混んでいて時間ギリギリ! 
レンタカーを返しに行こうと思ったら、ガソリンが1目盛足りない。セルフのスタンドで入れて、空港へ。
 搭乗手続きの列に律儀に並んでいたが、セーフティチェックの〆切り間近になってしまった。
出発まで残すところ20分。インフォメーションまで走り、事情を説明。空港の方が案内してくださり、順番を飛び越えて速やかにセーフティチェックを通過、搭乗。あと5分遅れていたら、飛行機に乗れなかったと思う。
N氏に礼を言われた。
 離陸の瞬間はワクワクすると同時にちょっと怖い。
飛行機が浮かびあがること自体不思議だし、田んぼや畑や住宅地が、地図みたいになって2次元化する瞬間も面白い。
 帰宅してから2時間ほど昼寝して、その後は子どもを公園に連れて行ったり夕食を作ったりした。

9月5日(月)北海道旅行3日目~小樽~

 ロワジールホテルと旭川市に別れを告げ、小樽へ向かう。昼前に着いた。
 明治・大正時代から建っていると思われる倉庫が運河沿いに並ぶ。小樽は海運の要所として栄えた町だ。
 「うろこ亭」でうにいくら丼を食べた。いくらの美味しささもさることながら、うにがほんのり甘くて、口の中で溶けていく、その新鮮さに感動した。
 その後は小樽運河沿いを歩いて、小樽ビールを見学。ドイツ人の職人さんが作っておられるらしい。お店も凄くいい雰囲気で、飲んでみたくなった。ビールになる前の麦ジュースは非常に香ばしかった。
大同珈琲で休憩し、北一硝子やオルゴール館を見て回った。光が当たると色合いが変化するユニークなタンブラーが一押し商品のようで、特設の棚が設けられていた。
小樽ガラスの醤油さしを購入。漁船の明かりみたいな懐かしいゴツゴツしたガラスだ。そして自分用には、光に当たると色が変わる、ラベンダー色のペンダントを買った。
夕方、札幌に移動。到着する頃には小雨がぱらついていた。車窓から町を楽しむ。
札幌時計台は思ったよりも小さくて衝撃的だった。周囲のビルが大きすぎるのだろう。周囲の景観に配慮があれば、もっと風情があったかも知れない。
夜はらーめん共和国内の「天心」で札幌ラーメンを食べた。スープがとても美味しく、また食べに来たいと思わせられる一品だった。駅ビルを歩いた。「Loft」にて、N氏はブックカバーを、姉妹はお揃いのノートを購入。料理好きのMはケーキの表紙、動物好きのNNはうさぎの表紙。
東京ドームホテルに宿泊。ホテルに着くと、Mは「たのしかたです」と日記を書いていた。日付がうまく書けなくて、パーセンテージが反転したような記号を書いていたのが印象的だった。私といえば何故かとても疲れていて、子ども達をN氏に任せてホテル内を一周散歩した後、夢も見ずに朝までぐっすり眠った。

9月4日(日)北海道旅行2日目~富良野・美瑛~

 今回の旅行のハイライト。危ぶまれていた天候であったが、運よく晴れてくれた。
四季彩の丘と富田ファームで花畑を見てきた。前田真三氏の写真展で見たような世界がそのまま広がっていて感動した。
四季彩の丘ではNNとバギーに乗った。原付は大学時代に乗っていたけど、感覚が全然つかめなくて難しかった。富田ファームでは、私の好きなラベンダーグッズが各種売られており、お土産に石鹸やシアバター等を購入した。安眠枕も欲しかったが、かさばるのでやめた。
N氏が、「虹が出てるぞ」と教えてくれた。美しい虹。旅の良い思い出となった。
おやつにはラベンダーソフトと、ラベンダーコーヒー、北海道のじゃがバターを戴いた。
昼に食べたのが富良野オムカレー。これがすさまじく美味しかった。
玉子☓カレーの組み合わせ最強! 
一緒に出てきた牛乳は生クリームみたいに濃厚だった。
 北海道の景色はゆるやかな丘が広がっていて、私の住んでいる地域とは全然違っていた。ヨーロッパに来たような気分。哲学の木、ケンとメリーの木、マイルドセブンの丘と色々見て回ったが、どれも素敵だった。
 夜は、「天金」で醤油味の旭川ラーメンを食べた。
 ロワジールホテルには2日連続で宿泊。ホテルで先輩おすすめのクラシックビールを飲んだ。飲みやすくて美味しかった!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。