スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
絵本(4歳)
さねとうあきら『やまのねこやしき』


山の中での怪異譚。私はこういう話が大好きである。

なかやみわ『そらまめくんのベッド』

自分の大切なものを人に貸してあげた、その優しさを賞賛したい。

油野誠一『まじょのくに』
小さい頃、魔女の箒が欲しかったなあ。

アン グットマン『リサ ニューヨークへいく』

白い子犬リサちゃんの語り口がおしゃまで可愛い。

グリム, バーナデット ワッツ (イラスト), Bernadette Watts (原著), 福本 友美子 (翻訳)
『ラプンツェル』

絵も文体もきれいな絵本。繰り返し読ませたいなあ。
スポンサーサイト
絵本(11)4歳
・アーノルド ローベル『ふたりはともだち』
国語の教科書でも取り扱われている、がまくんとかえるくんの友情物語。
ちょっととぼけたがまくんと素直なかえるくんの会話の掛け合いが三木卓さんの訳で親しみやすく書かれている。
絵もかわいらしく、想像力をかきたてる。


・グリム『おどる12人のおひめさま』
夜中にどこかで踊ってくる12人の姫の謎を解いたものに、王の座と姫を譲るというお触れが出る。
一人の兵士がその謎に挑み、ハッピーエンドを迎える。
エロール・ル・カインの幻想的な絵の美しさにも見入ってしまった。


・さくら ともこ『ともだちほしいなおおかみくん』
見かけや噂で人を判断してはいけない事を子ども達に教えてくれる本。
おおかみくんの優しさに感動する。

・さとうわきこ『サンドイッチつくろう』
三人きょうだいがサンドイッチ作りに挑戦。料理への興味が沸く一冊。

・つちや ゆきお『かわいそうなぞう』
戦時中、空襲で檻から抜け出して暴れだすと困るからという理由で餓死させられた象たちの可哀想な物語。
思わず涙がこぼれそうになった。
子ども達に読ませたい本だと思う。

・A・プーシキン『金のさかな』
何でも願いを叶えてくれる金のさかな。
人の欲望や傲慢さについて教えてくれる一冊。

・田島 征彦『じごくのそうべえ』
芸の途中に死んでしまった軽業師の「そうべえ」。
たまたま閻魔大王の機嫌が悪く、地獄に落とされてしまうが歯医者・医者・山伏の3人と力を合わせ、
鬼を困らせて地獄から追い出される。
関西弁で語られるユーモアたっぷりの一冊。子どもも喜んで聞いてくれた。
絵本(10)3歳
・『アンパンマンたんじょう』

アンパンマンのアニメ絵本。面白いんだけどテレビ絵本の方は文体に違和感あり。

・やなせたかし『アンパンマンとハテナのとう』
やなせさんの絵本のアンパンマンはかなりおすすめ。この本は夢があって楽しかった!

・『アンパンマンとシャボンダマン』
清潔概念を子どもに教えるのに持って来いの一冊。これを読ませてから洗面所で手を洗わせれば素直に洗ってくれそう。

・まついのりこ『あいうえおのほん』
単語が伏字になっている。クイズ感覚でめくると面白い本。

・小沢正『たのきゅう』

芝居役者『たのきゅう』と大蛇『うわばみ』の知恵比べ。
『まんじゅうこわい』と類似したストーリーでスリルがあって面白い。

・わかやまけん『こぐまちゃんのみずあそび』
こぐまちゃんシリーズの中ではかなり面白い部類に入ると思う。
子どもの視点でとらえた水遊び。楽しさが伝わってくる。

・なかやみわ『そらまめくんとめだかのこ』

水中世界の美しさと『そらまめくん』の優しさが伝わってくる一冊。絵もかわいくて子どもに人気。

・岩崎京子『たにし長者』

水神様の申し子であるたにしの成功譚。たとえ貝でも、真面目に働いていると運がめぐってくる。
子どもも興味を持って読んでくれた。
絵本(9)1歳
・谷川俊太郎『あな』

ひろしが堀った、自分だけの穴。
谷川さんらしい独特の文体で読み進める物語。大人が読んでも面白い。

・ディック・ブルーナ『ふしぎなたまご』

野原の真ん中に落ちていたたまごの落とし主は一体誰?
おんどり、めんどり、いぬ、ねこ等次々名乗り出るが…?
面白いが、繰り返しの文ではないので、1歳半未満には不向きのような気がする。
本に慣れてからの方がおすすめかも。

・『うさこちゃん おじいちゃんへのおくりもの』
うさこちゃんがおじいちゃんに手編みマフラーを贈る。
プレゼントを贈る側のドキドキワクワクする気持ちが伝わってくる一冊。

・『ミッフィーのいちにち』


朝起きて、お友達の家へ遊びに行って帰ってくるまでを描いたしかけ絵本。
めくる変化が楽しいようで、子どもが先をめくりたがる。
絵本(8)1歳
・松谷みよ子『もしもしおでんわ』


「じりりーん じりりーん じりりーん じりりーん」
モモちゃんの元に、お日さまや蝶々から電話がかかってくる。
やさしい言葉と挿絵で、子どもの心に語りかけてくる一冊。

・ディック=ブルーナ『うさこちゃんのにゅういん』

石井桃子さんの訳が、レトロで上品。
うさぎの看護婦さんが素敵。病院の怖さをやわらげてくれる一冊。

・『うさこちゃんはじょおうさま』

誰しもが幼い頃に思った、「プリンセスになりたい!」という願望を叶えてくれる一冊。
ちなみに「おひめさま」ではなく「じょおうさま」がポイント。
うさこちゃんの頭の大きな王冠(クラウン)が特徴的だが、何よりも女王様に必要なのはカリスマ性と人望、と作者が言っているのがよく分かるような。夢のある一冊である。

・わかやまけん『こぐまちゃんおやすみなさい』
どこの家にでもよくあるような、寝る前の風景に癒される。子ども達から好評だった一冊。

・五味太郎『ばったくん』
「ぴょーんぴょぴょぴょ…」シンプルな文と絵だが、なぜか追いかけてしまうバッタの姿。
1歳児が食い入るように見つめていた。
絵本(7)3歳
・川崎洋『おふろのうみ』



詩人の川崎洋さんの描かれた絵本。お風呂から海への連想は珍しくもない話だと思うが、独特の表現力に魅せられる。
子どもの視点でお風呂を見るとこんな感じなのだろうか。

・中川ひろたか『おばけなんてこわくない』



この本、当たりだった。
肝試しに出かけた園長先生とひろみ先生と子ども達。
最初は園長先生扮するお化けに怯えていた子ども達だが、今度は逆に先生を驚かす。
いつの間にかお化けを克服している一冊(笑)。
絵本(6)3歳
・木暮 正夫 『十二しのはじまり―お正月に読む絵本 (子供と読む行事の絵本) (単行本) 』

この本は素晴らしい。3歳にも興味の持てる内容だったし、巻末の正月行事についての写真入りのページが良かった。
獅子舞や餅つきなどの伝統行事が記載され、非常に民俗学的な一冊になっている!
文句なしの良書!

・つるみゆき『ふしぎなオルゴール』


あきちゃんのオルゴールを壊してしまった「ぼく」が、同じ品物を求めておもちゃ屋さんやフリーマーケットへ。
そこで出会った不思議なおばあさんが、大切な事を教えてくれる。
絵が美しくてストーリーも優しい。

・角野栄子『おうちをつくろう』

積み木でおうちをつくる幼い兄妹。こんな子ども部屋やキッチンがあったら素敵。
想像力が無限に広がる一冊。

・五味太郎『おかあさん』
「わたし、おおきくなったらおかあさんになるの! あかちゃんうむの!」
シンプルな文と絵だが、女性性の素晴らしさが濃密に詰まった一冊だと思う。
ちょうど子どもが「大きくなったら赤ちゃん産むの」と言っていたので借りた。タイムリーな一冊だった。

・佐々木マキ『まじょのかんづめ』

子どもからの人気が高かった一冊。女の子と犬が迷い込んだ家には、謎の銅像と缶詰があった。
現代版ヘンゼルとグレーテル? スリルとサスペンスに満ち溢れた一冊である。
絵本(5)1歳
良かった絵本。全て1歳児に好評だった。

平山和子『やさい』

1歳児にも易しく読みやすい。畑になっているところ、八百屋さんに並ぶところと描かれていて、子どもには新鮮に映るようだ。

キヨノサチコ『ノンタンボールまてまてまて』
私が小さい頃読んでいた絵本。ノンタンの赤いボールがねずみの住む地下世界にまで転がっていって、想像力を刺激させる。
キヨノサチコ『ノンタン! サンタクロースだよ』
お友達の所にはサンタさんが来ているのに、ノンタンの所には来ない。
たくさんの動物サンタの中からねこのサンタを探すのが面白い。子どもの反応が良かった。

長新太『にゅーっ するするする』


突然地中から出てきた巨大な手。「にゅーっ するするする」と人間やジェット機を次々に引きずりこんでゆく。
ちょっぴりホラーなオチが待っている。

土屋富士夫『てじな』

「あんどら、いんどら、うんどら!」であら不思議。手品独特のミステリアスな雰囲気に包まれたおしゃれな仕掛け絵本。
絵本(4)3歳
3歳児に好評だった絵本。

・いもとようこ『おひさまのたね』

一匹のリスの目から、ひまわりの花の一生を優しく描く。

・あまんきみこ『あしたもあそぼうね』
桜の花の精との不思議な話。いもとようこさんのイラストも優しく美しい。

・山本和子ほか『おんなのこのめいさくたからばこ』

多くのイラストレーターが、「美女と野獣」「七夕」「オズの魔法使い」「白雪姫」「マッチ売りの少女」「星の金貨」などの名作を描く。たくさん話が入っていてお買い得。

・平田昌広『おとうさんはしょうぼうし』

消防士という仕事の尊さが分かる絵本。任務を終えて無事に帰ってきてくれたお父さんの笑顔がなんとも言えない。

・やなせたかし『アンパンマンとうみのあくま』
アンパンマンがなぜか二人に増殖。

・安田のり『おさむらいさんでござる』

「せっしゃはおさむらいさんでござる。
りっぱなおさむらいさんは、じぶんを「わたし」とか「ぼく」とか言わずに「せっしゃ」というのでござる」
赤ちゃんのお殿様に雲を取ってくれとせがまれたおさむらいさんの活躍を描く。

・みやにしたつや『おとうさんはウルトラマン』

テレビでよく見るウルトラマン。実は家庭を持っていた。しかも子煩悩。思わず心があったかくなる絵本。

・香山美子『しおふきうす』

欲深い兄と真面目な弟。何でも欲しいものが出てくる石うすをめぐる物語。

・馬場のぼる『11ぴきのねこ ふくろのなか』

このシリーズの中では一番面白いと思う。途中意外な展開に。
絵本(3)
良かった絵本。

・谷川俊太郎『よるのようちえん』
みんな帰宅して誰もいなくなった幼稚園で、そっとさんを始めとした夢の子ども達が遊び始める。
「すりたかぼきぷにゃ わらべにくらど」「もなもなみねむ」「さよよんなららーん」
抽象画のようなキャラクターと忘れられないインパクトのある言葉が面白い。


・秋山あゆ子『みつばち みつひめ』
おてんばなミツバチのお姫様「みつひめ」がお城を大脱走して大冒険。独特の世界観と描き込まれたお城や着物などの江戸風俗が魅力的。

・おざわとしお『みるなのくら』
一羽のうぐいすに誘われて、山に迷い込んだ若者。泊めてもらったお屋敷で、不思議な十二の蔵を目にする。あけてはならない最後の蔵を開けたとき……。

・キヨノサチコ『ノンタン おばけむら めいろ』
3歳児は迷路が興味津々のようだ。
・キヨノサチコ『ノンタン ぱっぱらぱなし』
片付けないノンタンの所に、ごみくずや紙くずが集まってくる。清潔にする概念が芽生えるので良いしつけ絵本だと思う。
・ささきようこ『おかたづけ』
片付けないくまくん。おもちゃ達が「おうちへかえりたいよー」と大泣き。物を整理整頓すると気持ちが良いという概念が生まれるのでこれも良書。
絵本(2)
最近読んで良かった絵本。

川端誠『お化けの冬ごもり』
お化け屋敷に雪の妖怪達が遊びに来て、色々な雪遊びを繰り広げる。
かまくらに明かりを灯したシーンが美しく、最後に画面が真っ白になるのも面白い。


五味太郎『とうさんまいご』
デパートで迷子になったお父さんを探すしかけ絵本。展開が早いので子どもも集中して見入っていた。


おざわとしお『かちかちやま』
3歳半くらいからなら理解できる。うさぎの知恵をきかせた展開が今でも面白い、ばあさまの敵討ちの話。
絵も語りも味があった。


やなせたかし
『アンパンマンとあおばひめ』
緑の大切さを説いている。『緑の指』という表現にひきつけられた。
『アンパンマンとロールパンナ』
人気キャラクター・ロールパンナの出生の秘密が分かる。テンポ良くひきつけられる。
『アンパンマンのサンタクロース』
古い本。調子に乗ってプレゼントを配りまくるアンパンマンが人間らしくて可愛い。サンタクロースに選ばれなかった時のしょくぱんまんの渋い顔も何とも言えない。

せなけいこ
『ルルちゃんのくつした』
なくした靴下に思いを馳せる。物を大切にする心が育つ本。せなさんの絵本は1歳児に好評だ。喜んで読んでいる。
『ふうせんねこ』
おねこさんが ぷー
ふくれてばっかりのおねこさんの顔がふくらんで風船になって飛んでゆく怖い本。でも切り絵がかわいくて面白い。


ささきようこ
『おべんとう』
子どもの反応が良く、これを読んだ後にカラの弁当箱を持ってお弁当ごっこをしていた。
でも、くまくんのホットサンド、ほとんどみんなにあげてしまって良いのかなあ。
『パンツ はけたよ!』
動物のお友達がパンツをはく練習。読むと子どもも自分でやってみたくなるようだ。
『ねんね』
子どもを寝かしつける時に読むと良いような気がした。



キヨノサチコ
『あかんべノンタン』
いたずら好きの子猫のノンタン。子どもも読んでいて思わずクスクス笑ってしまう。
『ノンタンおやすみなさい』
私が子どもの頃からあった絵本。夜遅くまで起きているとろくなことがない。


絵本(1)
最近読んで良かった絵本。

五味太郎『ぬぬぬぬぬ』
突然、「ぬ」と言いながら現れるおばけに皆びっくり。文章は「ぬ」オンリーなのだが、「ぬ」の語感の面白さが良く表現されている。人騒がせな「ぬ」も最後は赤ちゃんの可愛さに負けてしまう。


谷川俊太郎『もこもこもこ』
「もこ」「にょき」「ぱく」で表現される、不思議な循環型世界。抽象的で思わずひきつけられてしまう。



すどうめぐみ『ちいさなおばけ』
泣いていたおばけを送り届ける、るるちゃんの冒険物語。
夜道の怖さがうまく表現されている。ラストにはるるちゃんとおばけの優しい気持ちが通い合う。


ピーター=スピア『クリスマスだいすき』
字のない絵本だが、欧米のクリスマスの風景が美しく描かれている。
心躍るような準備にはじまり、終わった後にツリーや包装紙がゴミに出されている風景までがちゃんと描かれていて、祭りの後の風情を感じさせる。

秋山あゆ子『くものすおやぶん とりものちょう』
かなりの良作。
擬人化された虫たちもコミカルだし、江戸の風俗や「合点承知」「ふてえ野郎だぜい」などの江戸言葉が面白い。




せなけいこ
『にんじん』
にんじんの好きな子から色々な動物を連想。想像力が広がっていく楽しい絵本。
『あーんあん』
保育園に預けられた子の涙がたまって、保育園は大変なことに。
小さい頃、早くお母さんに迎えに来てもらいたかった気持ちを思い出した。共感できる絵本。
『もじゃ もじゃ』
もじゃもじゃはなあに? からはじまり、最後はルルちゃんの髪が綺麗にカットされる。
言葉の響きが分かりやすく、テンポも良い。子どもは喜んで見入っていた。


わかやまけん『さよならさんかく』
色も形もきれいで、想像力が刺激される絵本。
さよなら三角またきて四角…♪と歌いながら読んであげると、子どもは大喜び。


かがくいひろし
『おもちのきもち』
食べられそうになったおもちの脱出劇。餅の特性にスポットが当てられている。日本的であたたかみのある絵本。

『おむすびさんちのたうえのひ』
3歳半~。田植えという伝統行事が良く分かり、食育にもなる一冊。
絵本
最近読んで良かった絵本。

あまんきみこ『鉢かづき』

語りも絵も美しくて魅せられた。高貴な生まれの鉢かづき姫が宰相と二人でつらい試練を乗り越える、真実の愛の物語。
ただ、文章は難しいので、理解できるのは小学校に入ってからか。

内田麟太郎
『カミさま 全員集合!』
神無月に出雲へ集う神様の様子を楽しく描いている。こういう日本の民俗を子どもに伝えることは大事だと思うが、
内田さんのシリーズはそれが楽しく描かれているので素晴らしいと思う。
『ぎゅっとだっこ 七五三』
お父さんお母さんと子ども達が七五三へ。一昔前なら、こういう光景がたくさんあったと思う。
なつかしく心温まる絵本。


プロフィール

柚木みやび

Author:柚木みやび
柚木みやびの日記&エッセイ。 2006.11.9~ 
Copyright(c) Miyabi All Rights Reserved.
(プロフ画像はしいたけさんの絵本から拝借しています)


カテゴリ
リンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。