12月25日 クリスマス
午前5時頃から、Mの「ねえ!!!お母さん!!!!!!サンタさん来た!!!!」
の声で叩き起こされた。
M「妖怪ウオッチとジバニャンのぬいぐるみをサンタさんくれたよ!!やったー!!!!」
私「・・・そう。良かったね(--)zzZ」

妖怪ウオッチの腕時計型おもちゃと、ジバニャン&コマさんのぬいぐるみだったのだが、
あろうことか、サンタが姉妹に間違ったプレゼントを渡してしまったため、ケンカ発生。

NN「ねえ、姉ちゃんおかしいよ。私がジバニャン頼んだのに。姉ちゃんコマさんやったやろ!おかしいよ」
M「だってー、サンタさん私のところにジバニャンおいていったんだもーん。ジバニャンの方が可愛いから、こっちにする」
NN「ねぇ!!お母さん聞いてよ!!!姉ちゃんがさぁ」
N氏に確認し、N氏がサンタへ送った手紙の内容を確認。無事、NNの手元にジバニャンは帰ってきた。

クリスマス当日は、家族でケーキを食べた。
ろうそくに火を灯し、「ジングルベル」「赤鼻のトナカイ」を熱唱。
これだけで、かなり盛り上がった!
Mが「ラルゴ(遠き山に日は落ちて)」を演奏してくれ、
途中から残業で帰ってきたN氏も参戦し、心に残るクリスマスパーティーとなった。
12月12日リフレッシュ休暇!
約2か月半ぶりにリフレッシュのための有給休暇取得。
いやー、仕事に学校行事に家事に、色々疲れた。
午前中は銀行に行ったりのんびりして、昼に生パスタ食べて、
SC行って、洋服を見たり太鼓の達人をしたりして帰ってきた。
ユニ〇ロでウルトラライトダ〇ンを買ったのだが、家で着てみると寒い寒いわが地元では
少し薄すぎた。コートって厚みや重さも時には大事なんだなぁ。
もう少し暖かくなったら、着てみようかな。
11月25日とても大事の図


昨日の続き。
Mには、『自己評価が低いのではないか?』と思わせる節が時々ある。
時々、布団の中で『生きていても楽しいことなんかない』『生まれてこなければ良かった』『私さえいなければ』等、小学二年生にしてはドキッとするような事を言うのだ。
心が病んでいるのではないかと心配になる。
そのたびに『そんなことないよ。お母さんとお父さんの宝物だよ』『お父さんとお母さんが望んで生まれてきたんだよ』となだめるのだが、今一つ分かって貰えない。
そこで、視覚に訴えるべくシンプルなイラストを描いてみた。両サイドのキャラクターが我々夫婦で真ん中が娘たち。暖色で愛情を表現した。
言葉も単純。
『とてもだいじ』のみ。これで分かるだろう。Mの机の近くに飾った。

M、思った以上に、いや、非常に喜んでくれた。
『この絵を見てたら安心する。産まれてきて良かったなと思える』と言ってくれた。
『なかよし』と描き加えたのはM。
この絵をお守りに、頑張っていこう。絵からもらえる力がこんなにも大きいとは思わなかった。
もっと早くやれば良かったよ。

NNも触発されたのか、『おやすみなさい』『いってきます』等の挨拶カレンダーを描いてくれた。寝室と玄関に貼ってくれるそうな(笑)。

今日は子ども達とドッジボールの練習も出来たし。二人ともバウンドなしで球をキャッチできるようになっていて驚いた。
11月24日育児の反省
今日もMを叱りすぎてしまった。二時間くらい怒っていたと思う。
原因は、宿題・ピアノ・後片付け・明日の学校の準備等面倒な事を後回しにすることと、返事や挨拶をちゃんとしないこと。
ただでさえ、素直じゃなかったり、ひねくれたりして『扱いにくい』と感じることがよくある子なだけに、対応の仕方を気をつけなければならないのだが。
『子育てハッピーアドバイス』の明橋大二先生の本では、こういう『ひねくれたタイプの子は、傷つきやすかったりするので叱るのに注意が必要。人の2倍、3倍傷ついていることが多い』と書いてある。けれど、やらなければならないことも大切。どう教えたらよいものか…。

イライラする原因は何だろう?
物が多すぎて狭い部屋が片付かないからかも知れない。子どもが片付けられるレベルまで物を減らした方がお互いストレスはないかも知れない。

後は、多すぎる仕事量。
今の部署は、子どもを寝かせてから夜中の2時まで仕事がデフォルト。5年間、そんな生活を送ってきた。自分でもよくやっていると思う。

家に帰ってグッタリの状態では、家事に精一杯で、子どもの相手までちゃんとしてやれる元気が残らないのだ…。
来年は、もう少し楽な部署に移りたいのだが…。5年間、無茶苦茶な生活を送っていたのでさすがにもう疲れてしまった。

今は、育児を一番最優先にすべきと思うから、なんとかしてもう少し仕事の手を抜かなければ…。
本当に余裕がない。

生きていくのって、ホント大変だ。
11月6日 NN、就学前健診
夜中3時まで仕事があり、寝たのが3時半くらいでフラフラの状態。

今日は、計量器類を検定所へ持参する仕事があり、往復二時間くらいかかった。まぁたまには、こんな仕事も悪くない。
午後からNNの就学前健診があり、小学校へ。NNの保育園からこの学校に進学するのは、たった1人。一から人間関係を構築しなくてはならない。
とりあえず、同じ境遇の人と知り合ったので名前を聞いておいた。
NN、一緒に頑張ろうねぇ。

内科健診で上半身裸になった時、小さい時はぽっちゃりしていたNNのあばら骨が浮き出ている事に、時の流れを感じたというか…。
帰りにMを迎えに学童保育へ寄ったら、「誰?Mちゃんの妹さん?」「もしかして来年入学するの?」と、先生方に囲まれたNN。
学童保育、入れると有難いんだけど…。

3人で歩いて帰宅。帰りは雨が降っていた。
NN、キティちゃんばりに顔から転んで、水溜まりに突っ込み泥だらけに。拗ねて無言になってしまった。手を引っ張っても歩かない。
私「NN、歩きなさい。帰ったら着替えよう」
M「NN、大丈夫?ほら、ティッシュあげるから顔拭かれ。お母さん、私帰ったらNNの服着せてあげるから大丈夫やよ」
M、私より冷静だった。どっちがお母さんか分からない。
帰宅して姉妹が洗面所でゴソゴソやっている間、ホットケーキを焼いておいた。子ども達大喜び。
みんなで食べたホットケーキ、美味しかったなぁ!
そんなこんなで、就学前健診も無事終了。
いろんなことが、一つ一つ終わっていく。
育児は大変だけど…子ども達よ、あまり早く大きくならないでと思った。
10月31日 父の手術
父が加齢のためある症状が出て、心臓の手術を受けることになり、午後半休を取った。1日休みを取れないのが悔しかった。私の仕事なんか誰でもできるが、とにかく、父は一人しかいない。

10月は仕事と子どもの行事で忙しく、本来なら家でごろ寝して休みたいほどの疲労感を感じているのだが、今はそれどころではない。心臓の手術とあって、仕事中も父のことが気になってとにかく仕方がなかった。
手術は10時40分から2時すぎくらいまでだった。父の2番目の兄も、見舞いに来てくれていた。
運ばれてきた父は、睡眠薬で熟睡していた。ゴーゴーいびきをかいている姿を見たら何だか安心した。こんな風に寝ている父の姿を見たのなんか、何年ぶりだろう。
売店でフラワーアレンジメントを買って、母への差し入れのカフェラテを買って。とにかくホッとした。ホッとして、涙が出た。小さい頃の父との思い出なんかが押し寄せて、涙が出た。家族みんなで旅行した時のことや、夕食の風景や、父が飼い犬と戯れる姿や、とにかく手をかけて育ててもらった思い出しか出てこない。
親がいつまで元気かなんて分からない。近く温泉に連れていくとか、旅行に行くとか、何かの形で親孝行しなければ。
私もいい年齢になり、娘二人も8歳と6歳。それは嬉しいことなのだが、自分の親が歳を取っていくのはなんとも言えず寂しいものがあるなぁ。
歳月とは、つくづく無悲だ。
10月11日(土)邂逅
高校の時の剣道部の同級生たちが、四国と東京と大阪から帰ってくることになって、
8年ぶりくらいに会うことになった!
これだけ多くの人数で最後に会ったのは、私の結婚式の時くらいだろうか?

お母さんになった子も何人かいて、子ども達を遊ばせられる場所がいいね、ということで
隣市の大きな公園に集まることに。
四国のT、東京のY、大阪のG、Yの妹さん(なんと三人の子持ち!)、娘同然に可愛がってくれたTのご両親も四国からはるばる来て下さり、感動の再会!

ジュニア達は、私の娘2人(8歳と6歳)、Tの長女(5歳)、長男(3歳)、Yの長男(6歳)、Yの甥(7歳)、Yの姪(0歳)の7人。
すごい人数だ。
特に男の子たちはじっとしていてくれず、目を離すといなくなっている…。f^^;
ママ達は子供たちに付きっきりなので、
中々ゆっくり話す時間はなかったが、友人たちの可愛い子供たちに会えたのが凄く良かった。

夜は、私の親友・Y子も仕事が終わって駆け付けてくれ、居酒屋で地元の海の幸をつつきながら、
ワイワイ喋りまくった。
久しぶりに会うと話題も尽きないものだ。
みんな昔と変わらないのに、病気になった子も何人かいて、改めて健康の大切さを思い知ったというか、もう若い頃と違って無理は出来ないんだなと感じた。
そして、恐ろしいことに高校時代の話をされても、覚えていないことが結構多いことに驚かされた。
(仕事にスペックを使いすぎたか? )
いい機会だから、都合の悪いことはみんな忘れてしまおうと思う私であった(笑)。
9月23日(火)やきものデビュー
N氏の提案で、陶芸教室へ。
粘土をこねて、子供たちとやきものを作った。
今では子供たちも大きくなったので、集中力が出てきて、先生の話をちゃんと最後まで聞いたり、
一つの作品に没頭できるようになってきたようだ。
キャラクターのお皿が作れるように、厚紙や粘土で作ったスタンプがあり、子供たちも私も大喜び。
布で模様をつけたり、スタンプを押したりするだけで面白かった。

私はたまたま前に陶芸をしたことがあったため、なんとなく感覚が分かっていたので、今回は思ったよりも苦戦せずに済んだ。
N氏は一回目から難しいろくろに挑戦つつもNNの面倒を見てくれたりしていたので凄いなと思った。
N氏、NNを見てくれてありがとうね。おかげで私は自分の作品に集中できたわ。

結果、出来上がった作品。
N氏 マグカップ1個(ろくろに挑戦!)
私  魚の形の中皿4枚
M  妖怪ウオッチの中皿2枚、小皿4枚
NN  妖怪ウオッチの中皿2枚、マグカップ1個 計14作品

時間ぎりぎりまで粘り、最後に釉薬の色を選んで終了。みんな楽しかったようで満足そうな表情。
(私が一番楽しんでいたかも知れないが)
作品は釉薬をかけて焼成し、一か月後引き渡しとなるらしい。楽しみだー!
8月17日 頑張った!
今日はN氏に子ども達を連れ出してもらい、結婚以来ためていた書籍やCDを売りに行ったりした。60点くらいはあったようだ。
売りに行くときは凄く憂鬱なのだが、なんだかすごく身軽になった気分で、うれしい。
実家にある独身時代の書籍類も片付けなくては。。。
8月2日机がとどいたよ/納涼祭


蝉が網戸に止まり、レーダー音みたいな声で鳴いている…。
一匹の蝉から、これだけ大きな声が出るのだから驚いてしまう。

狭いアパートでの住宅事情もあって、なかなか机を買ってもらえなかったM。
「私も机が欲しい…」
「友達はみんな持っているのに、私だけ机がない!!」
と言うので、ずっと可哀想に思っていた。
7月になり、家族で地元の家具屋さんへ。
N氏の見立てで、品質が良いとされる某メーカーの、しっかりした机を購入したのだった。持ち手に宝石がついたキラキラした姫系の机もあったんだけど、長い目で見て飽きが来ないように。
午前中に机が届き、Mは凄く嬉しそうだった!
自分の城ができたという感じで、教科書や文房具を大切にしまい、ちゃんと勉強するようになった。ピアノと同じで、良い品物を買うと環境が整うためか、子どももそれなりに勉強に意欲を持ってくれるようだ。

NN「いいなぁ、姉ちゃんずるい…」
ちなみにNNは来年入学。もう少し待っててね。

午後は町内の納涼祭。浴衣を着たいと言ったのはNNだけ。Mは友達と遊ぶから着たくないそうで。お母さんは寂しいよ…。
ぐすん。(ノ_・,)

子ども達のスイカ割りやビンゴゲームに思わず目を細めたり、近所のお母さん達と喋ったりして、夏らしい楽しい一時だった!
7月30日鯨のベーコン

義母宅にメロンとお小遣いを持って行った。
とても喜んでもらった。今度、我が家の夕食に招待する予定。

お弁当の材料を買いに行ったら、以前あろまさんに教えていただいた鯨のベーコンを発見!
売られているのを見たこと自体初めてで、感動。
なかなかお目にかかれないので、2パック購入した。
レジに並んだら、お姉さんが「こんばんは!お仕事帰りですか?カッコいいですねぇ、いつもお子さんを連れておられる姿も素敵ですけど」と声をかけて下さった。

話してみると、お姉さんはまだ高校生のアルバイトさん。

私「いえいえ!(◎-◎;)お姉さんこそ、若いのに凄くしっかりしておられて凄いですよ。てっきり、大学生くらいかと思っていました。こんなにしっかりしておられたら、どの企業に行かれても大丈夫ですね」
お姉さん「いえいえ~(=∩_∩=)」
仕事で嫌なことがあり、自己嫌悪に陥っている所だったので声をかけて下さった事になんだか救われた。
夜中、ふと起きて鯨のベーコンにポン酢をつけて食べてみた。
なんとも美味しい味だった。初めてなのにどこかで食べたような、親しみやすい味わい。
(^q^)
教えて下さったあろまさんに感謝!!
7月31日お弁当作り

毎日早寝早起きの生活で、弁当作りとラジオ体操を頑張っているので、ちょっと疲れた…。2年生のMがおかず詰めを自分でしてくれるから助かるのだが…。

そんな時は、ナポリタンスパゲティとウインナの手抜き弁当で。茄子と実家からもらったピーマンを炒めて入れているので野菜も多少は入っているかな?
(^o^ゞ
明日もサンドイッチ弁当で手抜きの予定。
そんなこんなで、結婚当初は「絶対無理!!」と思っていたお弁当作りが、最近少しコツが掴めたというか、ようやく出来るようになってきた気がする。
健康のため、冷凍食品はほとんど使っていない。蟹かまぼこや竹輪、ウインナなどの加工食品はほんの少し。美味しそうに見えるようなるべく色々な色を入れるようにはしている。
来週からはまた気合いを入れてお弁当を作るぞ!
7月24日向日葵咲いた

NNが保育園からもらってきた向日葵の種を皆でプランターに撒いておいたのが大きくなって…ミニ向日葵が咲いた!
夏だな~。
7月23日2年生の保護者会

Mの保護者会。必死で仕事を終わらせ、午後から学校へ。
夏の教室は蝉の鳴き声がして、なんだか自分の子どもの頃を思い出す。
Mは仲良し四人組でつるんでいるため、帰りにそのお母さん方とたくさん喋った。雨が降ってきたのでYちゃんのお母さんに車で送って戴いた。
(^_^)
Mの工作作品の風鈴を持ち帰った。桜の柄の風鈴。本人が張り切って設計図まで描いていたためか、綺麗に仕上がっている。早速飾った。
風が吹くと、シャラララン…と涼やかな音がする。
それにしても、ラジオ体操も始まるし毎朝弁当を作らなきゃだし、これから忙しいわ!
f(^_^;
7月20日ミレー展&名古屋市水族館


早起きして名古屋へ。
午前中は、ミレー展を見にボストン美術館へ。
有名な「落ち穂拾い」の絵は、教科書で見るより躍動感があった。ミレーの絵はタッチが柔らかかった。
ミレーの他にも、名前を知らない画家で素晴らしい作品がたくさんあった。
今回Mは集中して絵を見ており、NNは「暇」「つかれた」「休む」とそればっかり。幼児だから仕方ない。
お昼にラーメンを食べ、名古屋市水族館へ。
名古屋市水族館は、10年ぶりに訪れた。シャチとベルーガ、イルカに赤ちゃんが生まれて大盛況。物凄い行列だった。
シャチのあまりの大きさに驚いた!
イルカショーも素晴らしく、飼育員さん達がイルカに乗ってサーフィンする姿が迫力あった。
なのに、Mはしけた顔(-_-)をしているし、NNは「ねぇ?お土産はいつ買うの?お土産はまだ?(´ω`)」と、土産のことしか考えておらず、私とN氏はがっかり。
イルカショーが終わった後、私が水筒を会場に忘れてきてしまい、取りに戻るときMがついてきてくれた。
私「M、ありがとう。せっかくだから、シャチとイルカを近くで見よう」
M「うん!!」
ここから、Mは元気になり、シャチの餌付けに目を輝かせていた。
後は、珊瑚の水槽やアマゾンの水槽、ペンギン水槽が面白かった。
N氏「あの魚になりたい…カメになりたい…あ、ペンギンでもいいよ」
N氏、ストレスがたまっているのだろうか。
帰りにNNが「もう歩けん」というので、水族館のレストラン「アリバダ」へ。上品なレストランで、店内にはカラフルな魚が泳ぐ大きな水槽があり、目を奪われた。
鮫肉を使ったシャークステーキは、トマトとバジルの味付けがしてあり、美味だった。
ご飯を食べてNNも復活。

N氏と10年前にデートに来た水族館。結婚して子連れで来ることができ、感激だ。あの頃は夢にも思わなかった。
感傷に浸る間はないが、なかなか感慨深いものがあった。
記念に、10年前に購入したガラスのイルカの色違いを購入。ここに来るたびに一匹ずつ集めても面白いかも知れない。

本当に楽しい1日だった!
7月19日


午前中はエステ2回目。お腹周りをマッサージしてもらいリラックス。サイズダウンしているといいな。

帰宅してふと窓を見上げると、網戸にアブラゼミが止まっていた。
子ども達に教えてあげたら、大喜びだった。
M「セミが逃げるといけないから、静かにしなくちゃ!」
しかし、NNの手がセミの足に…。
(NNはこういうシーンでは必ず手を出す)

セミは「ジ!」と鳴いて飛び去ってしまった。

夕食は肉じゃがと豆腐サラダ。
最近、子どもに食事の支度をさせてないから、また手伝ってもらわないと。
7月16日 キッシュ


N氏が職場でデパ地下キッシュを注文してくれていたのが届いた!
何でも、ホテルの料理人さんが作ったものだとか。
キッシュが大好きな私と娘たち。黒糖キッシュ、ビーフシチュー入りキッシュ、チキン入りキッシュ等、皆でちょっとずつ分けてワイワイ食べたのが楽しかった。
別に甘党ではない私だが、黒糖キッシュが凄まじく美味しく、思わず「美味しい!」と口に出してしまうほどだった。

家でも作りたい。
7月12日夏だ!!




N氏もようやく時間に余裕ができ、我が家にとって一年間で一番楽しいシーズンが到来。
一家四人でヤドカリを捕まえに海へ行ってきた。一年ぶりのヤドカリ。
生き物が苦手なMは「怖い」と言い、前回ヤドカリが触れるようになっていたのに、またリセットされていた。
時間がたつにつれシャベルを使ってヤドカリが触れるようになり、帰る頃には掴めるように。
大きなバケツと小さなバケツにヤドカリを分け、「ヤドカリの家」を作って遊んでいた。
夜は、NNのリクエストでお寿司を食べに行った。Mはパスタが食べたかったそうでじゃんけんになった。
のどぐろが食べられて幸せ!

帰りに旅行会社へ行き旅行のパンフレットをもらって帰宅。早く旅行の計画を立てなくては!
7月17日協力することの素晴らしさ



少し前に設定した「1日10個不要なものを捨てる」という目標は仕事でバタンキューの時以外は何とか続いている。自宅もかなりすっきりしてきたし、昼休みの電話当番の日には、合間にデスクの片付けをしている。だいぶ美しくなった。きれいなデスクで仕事をするのは気持ちがいいなぁ!

今日は家族会議が開かれ、夏の旅行の行き先が協議された。家族の中でNNだけがディズニーランドを強く希望している。
ここで小学生が登場。
M「アミダで決めよう」
で、NNの作ったアミダだが、紙の片端に「デズに」と書いてあったのがかわいらしくN氏と二人でクスクス笑っていたら、「お父さんもお母さんも笑うなんてひどいよ!!ウワァ~ン」と泣いてしまった。本人はいたって真剣だったんだろうなぁ。
で、旅行の詳細は未だ決まらず。
M、学校で「お楽しみ係」をしているらしい。「お楽しみ会」というクイズやゲームを楽しむ会が明日開催されるらしいのだが、どうやら会を準備する係のようだ。
学童保育へ迎えに行ったら、友達と折り紙で五メートルくらいの長い飾りを作っていた。他のお楽しみ係の子が仕事をさぼったので、学童保育の子3人に手伝いを頼んだらしい。
みんなで協力して、立派な飾りができた。
M、えらいぞ!何でも1人でやろうとしてきた私よりも、誰かに手伝いを頼んだMの方が段取り上手だ。立派な飾りができたのが嬉しくて、家でも広げて見せてくれた。
明日、楽しいお楽しみ会になりますように!
7月3日紫陽花





昼休み、散歩をしながら紫陽花を鑑賞。雨降りは嫌だけれど、パステルカラーの紫陽花を見ていると、なんだか心が躍る。

だるさは大分とれてきた。
元気になるまで、もう少し。
6月29日ヨガ講座


今日は小学校の行事で、ヨガ講座に参加した。
今回は知り合いが少なくて、あまり気が乗らなかったんだけど、少しでも子どもを社会に出すために親も努力しなければならない。
少しずつ体を動かしているうちに、心も体もほぐれていった。
なんだか高校の体育の時間を思い出した。終わってみると爽快。
たまにストレッチするとか、普段使わない筋肉を使わなければ。
夜は王将でレバニラ炒めと天津炒飯を食べた。
その後、家で子ども達とフルーツポンチを作った。
簡単に作れて、食べごたえもあるフルーツポンチ。また作りたい
6月28日エステ


前回お試しで行ってきたエステだが、リンパマッサージ&スターバック(脂肪吸引)上半身5回コースを組むことにした。

時間にして一時間半。
遠赤外線ドームで汗をかく

リンパマッサージで、セルライトを潰す

スターバック(脂肪吸引)のマシンで、潰した脂肪をリンパへ流す

バンテージを巻いて、遠赤外線ドームで再び汗をかく

という流れ。リンパマッサージとスターバックが、痛さと気持ち良さが交互に来る感じで結構きつい!
終了後、体脂肪率は通常より3%近く落ちていた。体重も1㎏弱落ちていた。
出産で崩れたボディラインを整えるのが目的だが、せっかくお金を払ったからには、確実に効果を出さないと。ウォーキングと併用したり、食べ過ぎないようにしたり気をつけなければ。

お昼は、NNに手伝ってもらい、素麺にした。
夜は、久しぶりにサフランライスを炊いて野菜カレーを作った。美味しかった。
6月25日絵本を読む時間
昨日のリフレッシュで元気が出たので、子ども達の就寝前の本読み聞かせを再開。

仕事が忙しすぎて半年間読み聞かせをしていなかったことを反省。
子ども達も大きくなってきた事であるし、週末にエステの予約を入れた。先日、体験コースに行ってみて凄く良かったので。全身だと高いから、上半身のみに搾って何回か通ってみようと思っている。ウォーキングも再開し、ボディラインを産前に戻さねば…!
6月24日リフレッシュ休暇

半年ぶりに、自分のための有給休暇を取得することができた。
5月上旬くらいから精神状態が良くない状態が続いていたし、過労によるだるけも取れなかったので、心からゆっくり休めて本当に有り難かった。
家を少し片付けた後は、久しぶりに遠出してショッピングセンターにてピビンバを食べたり、ぶらぶらと買い物をしたりして過ごした。夏用のズボンも新調した。
帰りは、好きな音楽を聴きながら爽やかな青空の下車を飛ばした。たったそれだけの事なのに、心が明るくなった。
子ども達が帰宅してからは、一緒にホットケーキを焼いたり、蛍を見に行ったりした。
Mも心に余裕があるのか、今日は宿題をサッと済ませてくれた。

また折を見て、リフレッシュしたい。
6月23日癒されたい


今日は日中、たまたま生後1ヶ月の姪に会ったので凄くかわいくて元気が出た。赤ちゃんのかわいさは最強。産毛の生えたまんまる頭を撫でさせてもらった。ありがたや、ありがたや。

とはいえ体調の悪さは変わらず。疲労が溜まりつづけると、とかく自然に触れたくなる。極力、他人とは接したくなくなってしまう。
そんなわけで昼休みは、誰とも遭遇しないことを願いながら緑の中にいた。途中、職場の人が何人か通っていったが、緑に埋もれた私には気づかないようだった。
しばし、時を忘れる。

もう一つ、心が弱っているときは石に触れるとなぜか落ち着く。以前、好きな色の天然石を集めて、パステルカラー風のブレスレットを作ったのだが、心が弱った時になんとなく身につけている。最近は毎日。何とかならんもんか。

明日は有給休暇を取得することにした。上司達が忙しいのに申し訳ないけれど。久しぶりに平日リフレッシュするぞ~!!
6月22日食い倒れ&図書館

今日は昼も夜も外食に決まり、食事の支度をしなくても良くなった。
昼は子ども達の希望によりパスタ&パンのお店へ。
それぞれパスタを選択。
N氏…茄子のボローニャパスタ
私…夏野菜のトマトソースパスタ
M…ほうれん草ときのこの和風パスタ(前回頼んで美味しかったからとのこと)
NN…カルボナーラのパスタ(カロリーの高いものを選ぶ傾向にあるような…。パンは、メロンパンがどうしても食べたいとか言っていた)
麺の太さは、リングィーネを選択。モチモチとして美味しかった!M、食べ過ぎて苦しがっていた。腹八分目が一番美味しいんだよ。
夕方は図書館へ。最近、心に余裕を失っていたためか行っていなかった。春先に改修された駅ビルを散策してから、好みの本を選んだ。
NNは絵本を3冊、Mは宇宙の本と野菜栽培の本だけ選んで「もう帰りたい」と言い出した。久々に図書館に来たら、本に興味がなくなってしまったのだろうか?
仕方ないので、私の方で10冊近くをセレクト。
私「これはね、お母さんが小学校の時に図書館で借りて読んでいた『寺村輝夫のおばけ話』だよ。お母さんこれが好きでね~」
「ふーん」と子ども達。
本棚に並べとけば子ども達も勝手に読んでくれるだろう。
計算通り、帰宅してから、本をむさぼり読む子ども達。あれだけ冷めていたMが「この本面白い!もっと読みたい」「寝たくない」と言ってくれて嬉しかった。たまには、本棚の本を入れ替えてやらないと。たくさんの本を手軽に借りられて、ほんとに図書館って有難い存在。気に入って何度も読み返したい本なら、買えばいいし。

夜は焼き肉食べ放題の店へ。
図書館同様、半年ぶりと思われる。暫く人間らしい生活をしていなかったから、無理もない。
お店ではホルモンの美味しさに目覚め、カルビやタンよりもホルモンばかりを食べていた気がする。ここでもMは食べ過ぎて苦しがっていた。腹八分目が一番…。
これから暫くは、仕事よりも家のことに焦点を当てて暮らしたいな。
6月21日
12月から虫歯治療を続けているのだが、半年がかりでようやく治療のメドがついてホッとしている。土曜日の午前中が取られてしまうから、休日が全然休めなかった。これからは、少し休めそうだ。
自分の歯に合った歯ブラシを教えて戴いたし、磨き方を指導戴いたし…虫歯にならないよう気をつけよう。

蓄積疲労は、いまだ癒えず。倦怠感がひどい。何か新しいことをやる気もないし、だるさが半端ない。一年前も慢性疲労症候群を疑ったが、3年分の蓄積疲労だったようだ。半年間早く帰宅することで改善された。今回もそうだと思う。暫く体を休めなくちゃ。

そんなわけで、昼からもずっと寝ていた。

夕方は、ウォーキングへ。5ヶ月ぶりだ。いかに、生活の自由が束縛されていたことか。

6月はこんな感じで土日が終わりそうだ。
6月7日久保裕子氏の石文鎮


久保裕子氏の石文鎮を購入。
ゆらめく水面とたゆたう金魚が表現されている美しい作品。
職場に持って行きたいが、紛失するのが嫌なので悩むところ。
6月15日もう少しだけ休ませて




耐熱皿を使い、キッシュを焼いてみた。なかなか美味しかった。

午前中は子ども達を連れてザリガニ釣りへ。ザリガニのハサミは見えているのに、駆け引きはザリガニの方が1枚上手。
午後からは疲れてぐっすり眠っていた。半年間の激務の疲れはなかなか癒えそうになく。じっとしているのが苦手な私らしくもなく、何かする気が起きないのだ。もう少しだけ休ませて欲しい。
夜は家族みんなで和食を食べに行ったり、スーパー銭湯に行ったりと、ゆったり過ごせた日曜日だった。
早く元気になりたい。
6月10日 頼りになるお姉ちゃん
M、帰って来てから夕食作りを手伝ってくれるらしく、「お母さん、私の仕事残しといて!」と叫んでいた。

では、春雨サラダを担当してもらおうか…。
Mは春雨が嫌いなのだが、敢えてやってもらうとする。
春雨は私がゆでる。Mは、ドレッシング作りカニカマをほぐし、きゅうりを包丁で切り、レタスをちぎって盛りつける。
M、手際が良い。基本的なことを任せたら、あまり細かくは言わず本人の裁量に任せる。
M「お母さん。私、春雨嫌いじゃなくなってきた」
私「そやろ。自分で作ったら美味しいやろ!」
M「うん、美味しい」

役割を与えることで、色んな自信に繋がれば良いと思う。
それにしても、私の小学校二年生の頃と比較しても、この子は本当にしっかりしていると思う。

洗面所やトイレを自主的に掃除してくれたり、虫の死骸を見つけた時も「私、虫嫌いなんやけど頑張って捨てた」と言ってくれた。

さすがお姉ちゃん、頼りになる!
この子はどんな大人になるのだろう、多分思いやりのあるしっかりした大人になるだろう、と親バカも入りつつ期待している!
プロフィール

柚木みやび

Author:柚木みやび
柚木みやびの日記&エッセイ。 2006.11.9~ 
Copyright(c) Miyabi All Rights Reserved.
(プロフ画像はしいたけさんの絵本から拝借しています)


カテゴリ
リンク
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム