スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6月4日(日)図面を住宅会社に渡す
今日はファイナンシャルプランナーに家計診断をやってもらった。
現在、Mが小学5年生、NNが小学3年生。
数年したらやってくる大学受験。その数年間をうまく乗り切ることが資産を赤字にしないポイントのようだ。

住宅メーカー3社に、私の引いた図面と要望書を渡し、概算設計と見積を依頼。
予算の少なさに比して、あまりの要求の大きさに住宅概会社の営業マンの皆さんビックリ(恥)。
(厚かましいにも限度があるというに…)
とにかく、書くだけタダなので書いてみただけ。

購入した土地に関して答えると、どの住宅メーカーの方も凄く驚かれる。
「○○町ですか! 一等地じゃないですか! 高かったんじゃないですか?」
「あそこの土地買われたんですかぁ…実は僕らも狙ってたんですけどね…」
「これだけ広かったら、何でも建てられますよ!」
どうやら、いい土地を安く買えたらしい。(一時期不安もあったが、今のところ間違いのない判断だったようだ。)

帰りの車の中で、N氏に色々注意を受けた。
N氏「気づいてるかも知れんけど、住宅会社は外堀を埋めて来とるから。
あまり内情をさらけ出すな。簡単に『はい』と言うな。断れなくなってしまうから。こっちが主導権握らんとダメやよ」

確かに。気を付けます。

とにかく、今月中にはハウスメーカーを決める。
資金の準備をする。
子どもの笑い声が聞こえる、素敵な家が建ちますように!

買い物に行こうとすると、Mがヒョッコリ窓から顔を出した。
M「お母さんどこ行くが?」
私「○○ストア」
M「お母さんが出かけるから、ピアノ弾いてあげる!」
私「分かった。お願いする」

Mが先生に「弾きたい」とリクエストし、最近練習しているJ・S・バッハのメヌエット。私も大好きな一曲だ。
失敗しないで、さらさらと弾いた。拍手。
私「すごい上手やったわ。元気でたから買い物行ってくるわ。ありがとう」
M「エヘヘ。行ってらっしゃ~い!」
M、笑顔で手を振ってくれた。大きくなったけどまだ小学生。可愛いものである。
優しい、かわいい子に育って良かったなぁ。親バカの私であった。
スポンサーサイト
6月4日(日)2017年になってから始めたこと。
2017年になってから始めたこと。

①ダイエット。
胃が荒れていたのと、N氏の白髪染めと交換条件に、5㎏落とすことにした。
・午後9時以降、夜食は食べない。
・特別な時以外、飲酒しない。水を飲む。
・腹八分目を心掛ける。
・ラーメン・スナック菓子原則禁止。代わりにナッツ類を食べる。
・野菜中心生活。職場に弁当を持参する。
・運動する。(週1回のホットヨガ、週1回以上のウォーキング)
以上を心掛けた結果、3キロ痩せた。

②ホットヨガ。
1月から開始。以前いたG課で、運動をしている人が多かった(ゴルフ、水泳、バスケ、マラソン、テニス、フットサル等)ので「これは良い習慣」と思い、自分も見習うことにした。
以前より体調が良くなり、腰痛や肩こりも改善された。精神的にも安定した気がする。
これはいい習慣。続けようと思う。

③小説執筆。
子どもも大きくなったし、久しぶりに再開。今回は純文学ではなく、ライトノベルを書いている。
人にうけるよりも、自分が読んで面白いものを書いている。
4月に異動があって、通勤時間が長くなったから、移動時間中に話を考えている。
賞に応募するか、サイトに掲載するか、電子書籍かするか。2年以内に、いずれかの形で世に出す。

④マイホーム計画。
現在、いい間取りを計画中。資金とのバランスもあるので、よく考えて、住みやすく家族との時間が楽しめる素敵な家を建設したいと思っている。希望の図面は住宅会社に提出して、連絡待ち。
後は保険を見直さなくちゃ。
5月14日(日)運動会
昨日が雨だったため、小学校の運動会が今日に日程変更。
昨日は夜8時半まで仕事をして、夜12時まで弁当の下ごしらえをし、今日は早朝5時50分に場所取りに行って、弁当8人分をこしらえた。すっごく疲れたが、Mが弁当を楽しみにしているので頑張って作った。
(サンドイッチを作っていると、「私も手伝いたい~」と言ってきたので、「明日もあるし早く寝なさい」と追い払ったほど。笑)

M、青団。NN、黄団。
二人とも、100m走と80m走では力強いフォームで走り、2位!
ベストを尽くしてくれれば別にビリでもいいのだが、入賞してくれるとやはり親としても力が入る!
遊走は、NNは2位、Mは5位。
Mはリレーの補欠に頑張って入っている。(団の中では3位。厳しい戦いの中、粘っていたと思う)
引き続きの綱引きは、私も参加。
ママ友のMちゃんらと一緒に、黄団に加勢。「よいしょ、よいしょ!」と声を出し、決勝戦まで勝ち抜き、何と優勝。
連戦したのでキツかった。
しかし、久しぶりにやってみると、すごく力が必要だし息も上がるしで疲れた。
Mちゃんらとハイタッチして盛り上がった!

親子の体操の時間では、NNの動きがすごく上手で思わず見とれてしまった。
まだ3年生なので、ちょこんと小さくかわいらしいNNであった。

義母と実父母と弟が来てくれて、一緒に昼を食べた。
私の作った弁当は、サンドイッチ11人分、ミニトマト、エビとパプリカのガーリック炒め、、鶏のから揚げ、カニウインナ、タコウインナ、キウイ・パイナップル・オレンジ。加えて、義母の三色おむすび。お腹いっぱいになった。
N氏と言えば、早く来いと言ったにもかかわらず10時半に来てM達の疾走を見逃し、弁当の時間だけお客さんみたいな顔をして両親や子供に気を使わず自分の分を取ろうとするものだから、頭に来た私であった。

応援タイムでは、NN達が恋ダンス、M達は前前前世の替え歌で盛り上げてくれた。
バッチリ、ビデオに収めた。
面白かったのが、騎馬戦とリレー。
Mの話では、「青団、いつも騎馬戦負けてて、団長がいつも怒られとったが。でも、私の騎馬は青団一強いと先生に褒められとったが。コハちゃんが他の団長や副団長の帽子を取ってくるから。」
観戦していると、コハちゃんの手は最初から前に伸びていて、「帽子を取ってやる!」という感じで、Mらを指揮しながらうまく敵の団長のところに回り込んでいくので、見ていて面白かった。
リレーも、途中逆転があったりと、運動会の最後を大いに盛り上げてくれたし。

結果、青団優勝、黄団次勝。
親としてもかなり力の入った運動会だった。子ども達、楽しませてくれてありがとうね。
5月7日(日)雪の大谷
バスツアーで黒部ダム・雪の大谷に行くことになった。
せっかくのGWにどこにも行かないのも勿体ないため、私が提案。
バスならば運転してもらえるし。

5時起床、6時出発。
80名以上の参加のため、バスは2台。
私はバスの中ではほとんど寝ていた。長野の小谷(おたり)から扇沢駅まで行って、そこから全国で2か所しか走っていないというトロリーバスに乗った。「無軌道電車」と言って、電車の仲間らしい。電気を使い、排気ガスを出さないエコな乗り物だ。
その後、黒部ダム・黒部湖を見た。シーズンではないのでダム放水が見られないのは残念だったが、人間がこの巨大なダムを造ったということには、非常に驚かされる。
黒部湖から黒部ケーブルカーに乗って、黒部平へ。
N氏「45°くらいはありそうな坂だな…」
私「ほんとやね」
ケーブルカーのホームの階段も傾斜はきつかったのだが、45°ということはなく、最大27°の傾斜らしい。
45°ってどんなに大変な傾斜なんだろうか。想像に難い。
ケーブルカーが動き出した。急勾配を結構なスピードで上がって行く。子どもの頃、両親と一緒にケーブルカーに乗ったことを思い出して懐かしい気持ちになった。
黒部平で昼食。ホタルイカの佃煮や、山菜の味噌煮をいただく。
その後、立山ロープウェイに乗って、大観峰へ。
「よくこんなところに駅を作ったものだわ」と他のお客さんが言っていたように、大観峰駅は絶壁に立っている。
景観配慮のため、支柱が一本もないロープウェイ。そして、スピードも速い。まるで空を飛んでいるようで爽快だった。もう一回乗りたいものだと思う。
土産物屋では、Mがオコジョや雷鳥のぬいぐるみを欲しいと言っていた。気持ちは分からんでもないが。
降りて写真タイム。深い緑に雪の残った峰が圧巻!
ただ、非常に寒い。気温は0℃ほど。真冬の時期を過ぎて久しいから、冬の寒さがどんなものなのか感覚が分からなくなっていた。

その後、標高3,015メートルの立山の真下をトロリーバスで走って、室堂へ。
1時間ほど、雪の大谷ウォークを楽しむ。
19.2メートルの巨大な雪の壁を見ながら、4人で歩く。ただやはり、非常に寒い!
子ども達に手袋を持たせれば良かったと後悔。
N氏「まるで1万年前から積もった雪の壁みたいだ」
ホンマかいな?(笑)
NN「寒い~! 凍えそう~! 早く帰りたい~!!」
非常にやかましい。
19.2メートルの雪の壁は、今年の1月8日から4ヶ月かけて降り積もったものとのこと。
昔はコンパスで道を探りながら除雪していたが、現在ではGPSで道を探して除雪しているとのこと。

最後に雷鳥のフィギュアと一緒に記念撮影。
雷鳥ってかわいいな。あの、足が太くてモコモコしているところが私は好きだ。

トロリーバス、黒部ダム、ロープウェイ、ケーブルカー、雪の大谷と、大自然に対して挑んでいく人間の勇気や技術力、叡智に感動した。
帰りのバスで私は爆睡。バスの運転手さん、添乗員さん、素敵で楽しい旅をどうも有難うございました。
4月24日(月)土地購入
近所にいい土地が出た。
2月の新聞チラシに掲載されていたのを、N氏が義母からもらってきたわけである。
あれほど腰が重かったN氏が持ってきたチラシなので、まぁ悪くないということだろう。

結婚して○年…年々アパートが狭くなるのに、何も手を打とうとしないN氏にイライラしていた私。
それどころか「仕事を辞めて大学院に進学する」等困ったことを言い出したので、秋頃から胃痛もやまず、N氏と口も聞きたくなくなった私だった。
そこでN氏に家を建てることを約束してもらったわけだ。
のんびり屋のN氏をこのまま待っていても家が建つことはないだろう。

しかし、なかなか売地が出ない我が町内。
ところがめったに出ない土地が出たので、
妹が「土地はスピード勝負」と言っていたのを思い出し、すぐ電話して押さえてしまった。

他にも予約したい人が3人ほどいたらしいのだが、こちらが電話したのが若干早かったので契約に至ることができた。
東道路に面していて、南側が空いており、西は建物でふさがっているため西日が入りにくい良さげな土地だ。
面積も申し分なし。

不動産屋さんも感じの良いベテランの方だった。話していて安心感がある。

名義に関してどうするか迷ったのだが、悩んだ挙句結論も出た。
相手の方とお会いし、銀行にお金の手続きを依頼し、司法書士に名義変更の手続きを依頼して、完了。
ようやく一つ大きな事が終わったので、胸をなでおろした。

これでここからは暫く動けないし、決められた場所で覚悟を決めて、腰を据えてやっていくしかない。
そうなると仕事も辞められないので、やるしかない。
人生、一部決まってしまった。(部屋がもらえる子ども達は大喜びだったが)
後はここで定められた運命を生きる。

とにかく、後は素敵な家を建てるだけ!
家族みんな元気で仲良く頑張りましょう。
プロフィール

柚木みやび

Author:柚木みやび
柚木みやびの日記&エッセイ。 2006.11.9~ 
Copyright(c) Miyabi All Rights Reserved.
(プロフ画像はしいたけさんの絵本から拝借しています)


カテゴリ
リンク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。