FC2ブログ
3月8日(木)夫婦
昨年の秋、N氏は大変な部署に配置転換された。
前任者が心身故障して亡くなったため、その後釜として。(これだけでもう心配)

ところが、実質N氏のチームはメンタルを病んだ人と指示に従わない人がいて、結局半数しか機能しておらず、N氏は土日祝日と仕事に行き、天候の関係等で二十四時間以上勤務になる日々がここ四ヶ月くらい続いていた。

その結果、これまでは丈夫で弱音をはかなかったN氏だが、体調が悪くなり、食欲がなくなった。
私は心配でこまめに電話したり、あれこれ世話を焼いたりしたが、「頼むから小さい声で話して…」「俺のことは放っておいて。見守って」と言うくらい、あのN氏がここ数日弱っていた。食事も取れなくなっていた。
私は心配でいてもたってもいられなくなり、職場の課長にどう動いていくべきかを相談した。
何かあっては遅い。そうなる前に何とかしないと……と思った。
労基署に相談するか? 人事に苦情を言うか? 社長を内部告発するか? どうしていいか分からなかった。
課長は、「旦那さんとよく話してみられ。旦那さんの気持ちはどうなんかね? 勝手に動くと、後で大変じゃないけ? もし心配なら、メンタルの方に相談してみたら」と言ってくれた。
涙が止まらなかった。過保護じゃない?と笑われるかも知れないが、彼は私にとっては唯一無二の存在なのだ。
夜、帰宅したN氏と改めてゆっくり話した。
N氏がしんどそうだったので、リラックスできるようオルゴール音楽を聴きながら。

私がしんどくてたまらないでいると、N氏は「楽しいことを考えよう」と言った。
改めてN氏は凄いなと思った。さすが逆境に強い男。
「でも、私は心配でたまらない。人事に相談してもいいか?」というと、「俺が人事に相談する」と言ってくれた。
ちゃんと話すことができて良かった。課長のアドバイスは的確だった。さすが「切れ者」と一目置かれているだけあるわ。

N氏、今日は無事に人事に相談に行けたようだ。
N氏の上司もこの状況を問題視していて、人事の耳にも入っていたよう。一応何とかしてもらえるらしい。
結婚式の時に「病める時も健やかなる時も…」と神父さんに言われたけれど、
本当に苦しい時に力を合わせられる夫婦で良かったと思う。
N氏と結婚して心から良かった、と思う瞬間だった。
スポンサーサイト



12月11日(火)パワーハラスメントを撃退する。
四月から、自分の部署の仕事を私と課長に押し付けてくる人・A(男)とB(女)がいて、
揃いも揃って無理な理論を突き付けてくる。
男Aは自分の頭で考えないタイプで、女Bは弱者に陰湿ないじめをしてくるタイプ。
これまで色々な課で若い子をいじめて泣かせてきたらしく、噂が流れていた。
で、若い私も、女Bから訳の分からない理論をふりかざされて脅しつけられて困っていた。
が、たちの悪いことに男Aも女Bも課長クラスなので、私も我慢していた。

しかし、ついに堪忍袋の緒が切れ、「これ、貴方達の仕事ですよね!?」「責任放棄しないで下さいよ!」
と怒鳴りつけてしまった。怒りのボルテージが上がり、口元がわなわな震えて止まらなくなった。
以来、女Bの方がオドオドし始めて、こちらの顔色を窺ってくるようになった。
男Aはアホなので、攻撃してもあまり応えていない様子だが、前よりも言葉に気をつけるようになったか・・・?

今日は、「本当はこの資料もおたくの課で作って欲しいんですけどねぇ」とか
「あなたの課の管轄のことなのに、そんな事も分からないんですか!? 情けない話じゃないですか?」
と嫌味を言ってきた。
こちらが正論を言っているので、相手は何も言い返せない。ただ黙っているばかり。
すっきり。

パワハラしてくる相手には、怖がる姿を見せてはいけない。
不当なことを言われたら、落ち着いて言い返した方がいい。
録音、記録、こちらが取れる手段は全て打っておいた方がいい。
相手の立場がどうであれ、不当な要求には反撃した方がいいと悟った。

これで一つまた、レベルアップした!
プロフィール

柚木みやび

Author:柚木みやび
柚木みやびの日記&エッセイ。 2006.11.9~ 
Copyright(c) Miyabi All Rights Reserved.
(プロフ画像はしいたけさんの絵本から拝借しています)


カテゴリ
リンク
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム