乙姫神社

みやびの日記&エッセイ。 2006.11.9~ Copyright(c) Miyabi All Rights Reserved.
2003年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2003年06月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2003年05月
ARCHIVE ≫ 2003年05月
      

≪ 前月 |  2003年05月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

記憶の底

私が巫女になろうと思ったのは、小学校低学年の時の話です。
母の里の八幡神社にて、秋祭りの祭礼が行われたのがきっかけでした。母の実家は人里離れた山の中にありまして、中々雰囲気の良いところです。
飲料水は井戸水でした。
家の裏には巨大な竹薮と崖がありまして、山吹の花が咲いていました。崖の上からは水が流れていて、そこには小さな蟹が棲んでいました。
初秋の物悲しい雰囲気と里の豊かな自然の中で行われた祭礼は、大変崇高な雰囲気をたたえていました。
また、巫女の舞や昔ながらの口伝えの伝統はあまりに儚くて、消えてゆく蝋燭の炎のようでした。
笛の音色のあまりの悲しさ。私もそんな雰囲気の中に身を置いてみたかった、というのがそもそもの始まりです。
スポンサーサイト
巫女体験記 | Comments(0) | Trackbacks(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。