スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4月30日(土)楽しい買い物とMの発熱
N氏は一日図書館。
私は子ども達を連れて公園に行ったりして遊ばせていた。
夕方、日用品の買い物をしたりして楽しいひと時を過ごした。
買ったものは、
・お仕事用の黒い帽子(外に出る用事が多いので)
・キティちゃんの水筒(NN用)
・キティちゃんのレジャーシート(M、NN用)

帰宅してNNの食事用エプロンをミシンで縫ったり、麦藁帽子のほつれを直したりしていたのだが、
Mが「頭が熱い」と言って起きてきて泣いていた。
「ワーン! 怖い夢見たァ!
 ねえ(Mの事)が起きたら押入れの戸が開いていてお化けかと思ったァ!」
悪夢を見たらしい。計ってみると熱があった。

氷枕を当て、ジュースを買いに行って飲ませて処置。
プリキュアの歌を歌ってやると安心したのか眠ってしまった。時すでに1時。

一方、目がギンギンに冴えていたのがNN。
「なんでプリキュアの歌うたうん?」等色々質問してくる。
「お姉ちゃん具合悪いから歌ってあげたの。あなたも早く寝なさい!」と言って無理矢理寝かせた。

私が忙しかったから子どもに影響が出たのか、それとも、新しいクラスになって環境が変わったのが原因か。
いずれも、体が過敏に反応して熱が出たようだ。
咳や鼻水、腹痛などの症状は一切無い。
スポンサーサイト
4月28日(木)
春めいて快晴の朝。暖かくなりそうな一日。
保育園に送り出そうとすると、MもNNもなぜか長靴を履いていた。

私「なんで長靴はいてるの? お散歩の時困るよ」
M「だって、テレビで『雨降ります』って言ってたもん」
慌てて新聞を見ると、『午前中晴れ、午後降水確率90%』。
私「本当だ……@@」
天気予報をチェックしているとは、5歳になったばかりなのに中々しっかりしているなと驚いた。
夕方、Mの言った通りにどしゃ降りの雨が降った。

わが社、毎年ガンガン人員が削減され、仕事量が倍増。
私自身も幼子を抱えながら毎日の残業。
帰宅したら子ども達がもう寝てしまっていることもしばしば。
明日の保育園の準備をして、仕事の続きをして2時か3時に寝る。

M「ねー今日何時に迎えに来てくれる? 3時? 4時?」
私「6時頃お父さんが来てくれるよ…(ちなみに私残業)」
M「えー!! お母さんなんか大っキラーイ!!」
私「お母さんだって早く仕事終わらせて帰りたいよ…」
M「私が大人になったら、お母さんは働かなくて良いから。
  私がお母さんの代わりに働いてあげる。    
  お母さんは家で休んでて。ゆっくり休んでていいんだよ。ねっ?」

子どもの優しい言葉にまぶたが熱くなったのは言うまでもない。
この子達のためにも、なんとかして早く帰らなければと思う。

続きを読む

4月27日(水)
朝から胃が痛くて起き上がれず、体調が悪かった。
一生懸命仕事をしすぎて無理したためか、疲れが一気に出たという感じなのだろう。
ストーン氏への怒りの気持ちもおさまらない。

こういう時は無理しないことにしている。
すぐに会社に電話を入れ、一日休ませてもらった。

休みつつも、途中起きて洗濯機を回したりした。
時間がいくらあっても足りない(嘆)。

16時半頃になり、子ども達が待っているであろうと思い保育園へ。
二人とも大喜びだった。
走ってきて私にガシッと抱きつくNN、ニコニコ笑顔で駆けて来るM。
かわいい子ども達のためにも、月に何回かはこういう日が必要と思う。
来月も2回くらい早く帰れる日を作ろう!!

一日休んで、体調もすっかりおさまりストーン氏への怒りも少しはおさまった。
明日は会社行くぞー!
4月26日(火)
朝から2本会議が入っていたので、すごく気が張っていた。
大事な会議だったのに、上司のストーン氏ときたら、
「別の仕事(管理職だけのレセプションの幹事の仕事)が入ったから」と会議をエスケープした!
なんて無責任な!!と頭に来た。

しかも、会議が終わった後、
「柚木ちゃん、あんた一生懸命やっとるんはいいんやけど、こんなに丁寧に資料作らんでも良かったんや!」
と昨日とは正反対な事を言う始末。
昨日は「あんたこんなにたくさん作ってくれて有難う」と言っていた。

完全に頭に来たので、
「もう一生懸命やれないしやりません。もう疲れましたので帰ります!!」
と叫んで家に帰ってしまった。
イマドキの切れてる大人なのかも知れないが、自分の正当性は主張しておかねばと思ったし、
この異常な状況の職場に対する怒りでもあった。

梅酒、2杯飲んで寝た。
4月24日(日)
土曜日はN氏が図書館に行っていて、私は家事に追われていた。
で、今日は子どもを連れて公園に行ったりして過ごした。

夜、仕事をしようと思ったら明後日に会議が二本あることをすっかり忘れていて、
半泣きになりながら夜中の3時まで資料を作った。

毎日、子どもを寝かせてから仕事をして、寝るのが1時か2時。

フルタイムで勤務するのがこんなにつらいとはなあ。
毎月お給料をもらえるのは有り難いのだけれど、
常に何かに追われている状況と言うのがつらすぎる。
勤務先の社名を聞いて「安定していてうらやましい」「貯金いっぱいできるでしょ?」
と言われるけれど、命を削って働いているなんて誰も知らないんだろうなあ。

頑張れ自分と思うが、頑張るのにも限界があると最近思うようになった。
無理だけはしないでおこう。
4月17日(日)
午前中はMの自転車を買いにいった。
小学校に入ってからも乗ることができるよう、18インチのものを買った。
本人はプリキュアの自転車が欲しかったようだが、プリキュアは16インチだったので諦めてもらった。

後、SCでNNがメロンパンナちゃんのちいさな人形を落とした。悲しい出来事。

N氏が野球のBCリーグのチケットをもらったので、子どもを実家に預けて観戦。
地元球団を応援した。
野球のルールはよく分からない私だが、N氏に解説してもらったので楽しめた。
ただ、あまりにも風がつめたくて風邪をひきそうになり、途中で帰ってきた。ごめんなさい。
今度はチケット買って応援いきます!

帰りに文房具店で入手したクリアファイル達。N氏もリラックマとイルカの柄を買っていた。
クリアファイル達
仕事をする時にデスク周りが楽しいと頑張れる、というのがここ最近の夫婦の見解。
そんなわけでN氏、カラフルなメモ用紙やクリップ、マグカップをたくさん買っていた。
これで明日からまた頑張るぞー。
4月16日(土)花より団子、団子より遊び
N氏は図書館へ一日勉強に。
私は子ども達を連れて、午前中近所の公園へ行った。砂場で遊ぶ二人。
Mはいつも「私、ホットケーキ屋さん」と言いながら砂でホットケーキを作るのだが、
たまには共同作業の面白さを教えねばとトンネル作りに挑戦した。
大きな山を造り、「トンネル作るから手伝って!」というと段々乗ってきてくれた。
最後はうまくトンネルが繋がり…とても楽しかったようだ。

一方NNは一人遊びが楽しくなってきた時期。
以前は何でもお姉ちゃんと同じことをしなければ気が済まなかったのだが、
砂遊びも一人でじっくりと取り組むようになった。
「何やってるの?」と聞いたら、何故か「ギョーザ屋さん」との返答。
声をかけると集中力が育たないそうだから(母親談)、あまり声はかけず見守る方向で。

午後は某公園へ桜を見にいき…
赤い橋
Mが食べたがっていた「ぶどう飴」「いちご飴」を屋台で購入。
桜を見ながら3人で食べた。

その後、姉妹は庭園の探検、石や葉っぱを使った「たこやき屋さん」の経営にいそしみ、
17時を過ぎる頃帰宅した。

爆走する姉妹。
姉妹爆走

疲れたけど、休日は寝たきり状態だった去年と違って育児に余裕がある。
平日は仕事で忙しいけれど、土日は子どもをたくさん外に連れ出すぞ!
4月12日(火)M、5歳おめでとう
M、5歳を迎えた。私が夕食を作り、N氏は子ども達とケーキを買いに。
5本のろうそくの他、「5」の形の数字ろうそくが乗っている。

5歳おめでとう

Mが産まれたのは5年前、あと5分で13日という深夜だった。
難産で、緊急帝王切開。
もう5年も経つのかと思うと未だに信じられない思いだ。
私の中では3年くらいしか経っていないような感覚なのだが。
とにかく今日まで無事で大きくなってくれて有難う。
これからもすこやかに成長してくれますように。願いはそれだけ。

みんなでハッピーバースデーを歌って、Mがろうそくを吹き消した。
NNあたりはニッコニコで手拍子もノリノリだった。
そして、「今日はNNちゃんの誕生日?」と聞いていた。
「今日はお姉ちゃんの誕生日。NNの時もケーキ買ってお祝いしようね」と話した。

食事後はスイートプリキュアの食玩『キュアモジューレ』をMとNNの二人にプレゼントした。
大喜びだった。(組み立てが大変だったが…)

このブログを開始したのが2006年。
ミルクしか飲めず、エーンエーンと泣いていたあの赤ちゃんが、
今ではひらがなを書けるようになり三輪車に乗っている。
本当に時間はあっという間に過ぎる。今この瞬間を楽しんで生きていたい。
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破


暫く前に劇場で観てはきたものの、改めてゆっくり観たいなと思っていたので借りてきた。
やはりスクリーンでの迫力には勝てないが、
映像・脚本構成・キャラクターの作り込み方など、やっぱり凄いなと唸ってしまった。
特に戦闘シーンは圧巻だった。

TV版の時はシンジとアスカが大好きだったのだが、
新劇場版ではマリも可愛くて、なかなか面白いキャラクター。
今ではすっかりお気に入り。

綾波には今まで感情移入し切れなかったのだが、
今作では健気な性格がちゃんと出てきていて、好感が持てた。

それはそうとして、TV版を放映していた15年前のことがよみがえってきて、
一人ノスタルジックな気分に浸ってしまった。やはり昔の作品はいいな。
4月10日(日)
日曜にもかかわらず、N氏が朝早くから夜遅くまで仕事だったので、実家に避難した。

昼は焼きそばをご馳走になり、
午後には子ども達と砂場でたくさん遊んだ。
飽きてくると、子どもを見ながら私もすべり台。
結構な高さなのでスリリング。

子ども達は「ホットケーキ屋さん」「ギョーザ屋さん」になり、砂でせっせと料理に精を出していた。
時々食べる真似をしてやり、
落ちていた赤いサザンカの花びらで飾り付けをしたりして楽しんだ。

夕食は私が作らせてもらった。いつもご馳走になってばかりなので。
竹の子ごはん、いかと野菜の炒め物、フクラギ刺身、きゅうりと長芋ともずくの酢の物、
がんも・糸こんにゃく・しめじの煮物その他。
帰省の際にはたまに作ることにして、母には楽をしてもらいたいと思っている。
4月5日(火)
今日も一日忙しかった。
社会人になってから、毎日怒涛のように日々が過ぎていき訳の分からないまま過ごしてきたように思うが、
ここ二年ほどで一気に文書等の意味が理解できるようになったように思う。
とにかく確認を徹底して、つまらないミスをしないように気をつけている。

女性だらけの我が職場。
私はいつも同僚男子二人とつるんでいたのだが、
一人が異動してしまい、残ったもう一人と寂しくコンビニまで昼食を買いに行った。
私は性格があまり女らしくないのか、実は男子といる方が職場の女子といるより気楽である。
そういう時は男子と同化してしまっているのか、うっかりすると自分を「僕」と言ってしまいそうになる。
時々自分が何者か分からなくなるなあ。

毎日密度が濃いのですごく疲れるのだが、一日に与えられるほんの二時間ほどの自由時間を
有意義に過ごしていきたい。
4月3日(日)癒やしのレッサーパンダ
隣県の動物園に行った。
広々として新しく、自然に溶け込んだ造りになっていて動物達ものびのびとしていた。
最近のマイブームはレッサーパンダ。
アライグマみたいな顔に、ふわふわのマフラーみたいなしっぽがたまらない。

レッサー1


「かわいい~」と見つめていると、N氏が、
「レッサーパンダって本当癒やされる生き物だな。現実感が無い」
と言っていた。全く持って同感。

ヨーロッパの森にでもいそうな外見なのだが、
中国が生息地なのだとか。意外である。レッサーパンダという名前もなんだか不思議。

レッサー2

動物好きのNN、大喜び。どの動物も真剣に集中して観てくれた。
「あ、キリンや!」「うさ(ウサギ)、かわいい! うさ!!」「ガオ(虎)、こわーい!」と多様なリアクションを示してくれたので、連れて行った甲斐があった。
一方Mは、「早く帰りたい」「蛇気持ち悪い」「あ、お花!」と言っており我々をガックリさせたのだが、
それなりに楽しんでくれたようで
「動物園面白かったー! また行きたいね」と言ったり、帰宅してからブロックで動物園を作ったりしていた。

動物園の後はショッピングに行き、おしゃれなカフェでお茶をして、
コーチ、グッチ、ヴィトン、カルバンクラインを見てから帰った。
(ただし買わず)
N氏が、「美しいものを見るのは重要だな」「カルバンクラインの服、一番好きだなと思う」等と言っていたので行ってよかったと思った。
4月1日(金)スプリング・ウォーズ
朝一で辞令もらいに行ってきた。
今日から主任に昇格! と言う訳で気合が入る。
同僚の代わりに新人の男の子が来ることになっており、
「かっこいいか」「仕事はできるのか」等注目の存在となっていた。
後輩の女子達が「どんな子来るんかね~」「かっこいいといいね~」と私の顔を見るので、
私は緊張を紛らわすように、
「運命は、CMの後で!!」等と冗談を言って周囲を笑わせていた。

さて新人男子登場。その瞬間、事務所にいた全員が私の顔を見たのは言うまでも無い。

礼儀正しくて素直そうな感じ。第一印象は悪くなかった。
で、先輩である私は新人男子を連れて色々教えて回ったのだが、年度始めで仕事も多く、
一日気疲れした。

そして、上司が
「ジョーカー(隣の係の上司)がうちの係に振ってきた仕事、全部返すぞ!」
と私を引きつれ隣の係へ直談判に行った。
が、ジョーカーの残党が大勢おり、返り討ちにあい結局仕事はほとんど減らしてもらえず。
それどころか逆に気まずくなって帰ってきた。
あっちは専門職だらけで、喋るのが商売だし人数も多いので到底勝ち目が無い。
年々業務が増えているからどこの係も大変なわけなんだけれど。

「そちらの係もお忙しいのは重々承知しています。お手伝いしたい気持ちはあるのですが、
今年はベテラン同僚が異動でいなくなった上に、大きなイベントがあるので○○業務はできません」
と言うので精一杯。
そしたら、隣の係の上司に「貴女は自分の立場を考えて喋りなさい!」と言われた。
ひどい職場だと思う。

まだ子どもも小さいことだし、去年みたいに遅くまで残業はしたくない。

こんな事で一年やれるのか、とても不安だ。
プロフィール

柚木みやび

Author:柚木みやび
柚木みやびの日記&エッセイ。 2006.11.9~ 
Copyright(c) Miyabi All Rights Reserved.
(プロフ画像はしいたけさんの絵本から拝借しています)


カテゴリ
リンク
カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。