乙姫神社

みやびの日記&エッセイ。 2006.11.9~ Copyright(c) Miyabi All Rights Reserved.
2011年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2011年07月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2011年06月
ARCHIVE ≫ 2011年06月
      

≪ 前月 |  2011年06月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

6月30日(木)式典はお任せください?

式典本番。朝から上司ストーン氏の機嫌悪くて最悪。
課長の所に行ったら、「ちゃんと抜けなくできているだろうね?」とプレッシャーを与えられてしまう。課長は叩き上げでバリバリの仕事人間。自分の甘さを見透かされているようでちょっと怖いのである。やるしかない。
N氏が休暇を取ったので子ども達を頼み、仕事に行ってきた。
一日が終わり万歩計を見ると9,000歩超え。ハイヒールだったのでつま先が痛かった(笑)。
とりあえず、一年のうちの大きな行事が一つ終了。ホッとすると同時に、課長から「これからが始まりなんやぞ」と言われゾッとした(笑)。
今回成功した点は、早めに担当内で仕事を分担したこと。よその担当から人を借りてくる仕事は上司に、司会原稿作成はさわやか後輩君に、物品手配はお姉様に、等々適材適所で働いていただいた。私も少しは段取り上手になってきたかな?
スポンサーサイト

6月28日(火)毎日ギリギリ綱渡り

小児科受診した後、子ども二人を義母に依頼。
イベント直前で自分は主務者という状態だから、仕事を休めないのがしんどい。

最近は、子どもの様子がおかしくなった時に
一週間の予定と、どの日に休んで誰に子どもを任せるかの段取りを早く行なえるようになった。
分担しないと。
4日も5日も仕事を休んでいたら「来なくていいよ」と言われるに違いない。

熱はなくて、喉の腫れと咳が出ている状態。ホントに夏風邪ってしつこい。早く元気になっておくれー。

6月27日(月)直感を信じる

子どもの体調が悪く、一日休もうかどうしようか迷ったが、実母に頼んだ。
大事な案件が次々に。休まなくて良かったとホッとしたけれど、子どもの事を考えると自分でもひどい親だなあと思う。何か間違っていないか、自分? でも、そんな事ばかり考えていると生活できないし、私の場合フォローしてくれる人(N氏、実母、義母)がいるので、自分ひとりで抱え込まないように、あまり自分を責めないようにしようと思う。育児は大変なもの。母親一人で全部やらなければいけないだなんて大変すぎる。「そもそも専業主婦という概念は戦後出てきたものであり、江戸時代なんかは母親が何らかの仕事をしていて、父親が積極的に育児に参加していた」なんてNHKでもやっていた訳だし。
最近は、子どもが具合が悪くなったら担当者が1日ずつ休む輪番制を採用しているので、何とか育児と仕事を両立できている。

6月24日(金)子どもは敏感/反抗期2歳との禅問答

NNの体がここ三日間熱くて、でも熱をはかったら平熱という状況。
ついに熱は上がり、37度に。イベント直前になると、体調悪くなるなぁ、子どもって。
親の余裕のなさを敏感に感じるんだろうな。実母に依頼し、小児科に連れて行ってもらったら、NNの喉がちょっと腫れていたらしい。熱が出るかな。心配だ。
土日はしっかり見よう。
しかも、3歳直前になってやっと反抗期が始まったみたいで、機嫌の悪さに加え、駆け引きの嵐である。

私 「おしめ換えるよー」
NN「イヤ!」
私 「おトイレ行くよー」
NN「イヤ!」
私 「おトイレ行ってからおやつ食べるよ、行かないとおやつなくなっちゃうよー」
NN「NNちゃん、おトイレ行く」(あっさり)

反抗期が来てくれたのは非常に喜ばしいが、ホントに大変。

6月18日(土)ウェーブ様と座敷ほうき/マイブームはかたつむり

午前中は子ども達を連れてお散歩へ。小雨が降っていた。
傘をさし、砂場にしゃがみこむ子ども達が雨に濡れないように見守っていた。
昼近くになりN氏が図書館に行ってしまい、パッケージに惹かれて買ったパエリアの素を使って炊き込みご飯を作ったのだが、いかんせん美味しくなかった。
午後は、私だけが昼寝。MとNNはケンカするか、ブロック遊びをするかのどちらか。
それにしてもNNの暴れ方がすごかった。何かあるとすぐヘソを曲げるし、指摘すると、「ママちらい(嫌い)!!」の一点張りで、短い足を踏み鳴らして仁王立ち。
「何でこんなに聞き分けが悪いんだろう?」と思ったら、そういえばこの子は魔の2歳児なのであった。Mの2歳の頃に比べたら、まだまだ可愛い方。

そんなNN、一日に何度も同じセリフを言う。
NN「ねえねえ、お母さん」
私「なに?」
NN「葉っぱの中にねぇ」
私「葉っぱの中に?」
NN「かたつむり見つけたよ」
小さい声ではにかんだ笑顔を見せてくれるのだが、このところ、1日に2~3回このセリフが再生される。保育園で散歩に行ったときにかたつむりを見つけたのが余程嬉しかったらしい。カエルやおたまじゃくしのパターンもある。
「ねえねえ、お母さん」の時点で「葉っぱの中にかたつむり見つけたんやろ?」と言いたくなってしまうのだが、我慢している。

夕食の手伝いをさせていたら、NNがよそ見してボウル(結婚祝いに貰った)を割った。
NNは物の扱い方が少し乱暴なのだ。この子はテレビの液晶を割ったこともある。
大声で叱ったら泣いて怯えていたが、そもそも料理とは火や包丁を使い危ないものであること、
器も割れると先がとがって危険であること、
よそ見をしながら作業をすると危ないことを目を見てしっかり言い聞かせた。
NNはその後も怯えていたので「もう怒ってないからこっちにおいで。けがしなくて良かったね」と言った。
以後、姉妹は見学に回った。

ウェーブ様と座敷ほうきを購入した。
ウエーブ様


ほうきは、姉妹がケンカすると思い2本購入した。案の定持って帰ると「私の!」「これNNちゃんの!」と騒ぎ出し、一本ずつ与えると「ワーイ!」「おそうじする!」と大歓声。掃除機だと引っ張り出すのが大変な上に、一台しかないのでケンカになるのだが、これならサッと出して掃ける。先人の知恵は素晴らしい。これで子ども達を家事に参加させよう。
ウェーブ様も思いの他ホコリが取れて大感激。掃除が楽しくなりそう。

6月17日(金)有能な人が潰される

うちの職場は専門職がほとんどだ。彼らは異動がほとんどないから、まれに本社に移動した場合、本社での業務についていけないらしい。ここでの業務しか経験がないからだ。
「ここ、ぬるま湯でしょ。有能な人が潰されていくらしいよ」とお姉さんが言っていた。恐ろしいなと思った。けれど、どうしたらいいんだろうか。

イベントの前座の出演者を依頼するのに、上司がすっかり他人事のような顔をしているので困る。「担当の人に連絡して動いてもらいましょう」と言ったら、「ほっとけ」と言われた。放っておいたら前進しないので、別室で電話して担当者3人に来てもらった。あらかじめ用意しておいた資料用の動画を再生。おかげで何とか、方向性が固まって全員の意思統一がなされ、交渉の段取りが整った。
連絡しなかったらどんな事になっていたか…考えるだに恐ろしい。
午後8時まで残業して帰宅して、就寝。

6月16日(木)

Mが病後のため、午前中は実母が、午後から私が世話をした。
夜は、子ども達とお絵描きをした。
勤務時間が短いと、本当に余裕を持って育児に当たることができる。共働きフルタイムの大変さを実感する。
Mの夏風邪はかなり回復。熱も下がり、明日から保育園に行けるだろう。

6月15日(水)

今日も寝る前に30分ほど、Mはひらがなの練習、NNはハサミの練習をすることができた。

上司と県庁に用事に行って来た。

庭のきれいな素敵なお店で、ご飯をおごってもらった。
当初の目的も一応達した。
後は一つ一つ確実に早く進めていくのが大事だ。

巫女として奉職していた時に、勘も磨かれれば良かったのだが、
私はその辺りが苦手なので、空気を読みながら適切なタイミングで進めて行きたい。

6月14日(火)道標

仕事復帰してから、物凄く忙しい日々が続いていた。
帰宅して子どもを寝かしつけてからも仕事の続きをしたりと、異常な状況。
でも、ここらでそろそろ小説執筆を再開したいなあ、なんて思っている。

家庭をメインにしながら与えられた仕事はちゃんとこなし、
趣味の小説や絵を描いていける生活が理想。

どうすれば理想の生活を実現できるのか考えて、そろそろ舵取りしていかなくちゃ。
ストレスたまってネットサーフィンしている暇なんぞ皆無!!

最近は朝型生活になった。夜は22時には就寝している。
疲労がたまっていて、なかなか早起きはできないのだが睡眠不足は解消された。

とりあえず、少しずつではあるけれど新作を書き始めようかな。

6月14日(火)イベントの極意

3時起床。Mは義母宅へ。まだ微熱がある様子。
今日は、隣の席のお姉さんと一緒に、某イベントの前任の方を訪ねて隣市へ。途中、料亭みたいな雰囲気の店で和食ランチしてきた。天ぷらがパリパリで美味しい。
お会いした方も、すごく感じが良くて資料も快く貸してくださり大感謝!
・早め早めで動くこと
・核となる人間は1~2人だが、なるべく多くの人を巻き込むこと
がポイントだと言われた。まさにイベントの基本。
N氏が夕食後の食器洗いなどを率先してやってくれたので、寝る前に30分ほど、Mはひらがなの練習、NNはハサミの練習をすることができた。
寝る前のお話は、「おやゆび姫」と「幸福の王子」。
毎日少しずつ、こういう時間を取れるようにしたい。

6月13日(月)峠は越した/NN、ちりんが大好き

午前中、Mを連れ小児科へ。炎症反応CRPの値がだいぶ下がっており、5.8から4程度に。検尿も点滴も嫌がっていた。「点滴いや」「おうち帰りたい」とべそをかきながら簀巻きにされたが、最後には腕の力が強すぎて点滴がうまく落ちなくなり看護師さんも私も大慌て。
1時間半の点滴終了後、スーパーで果物やアイスを買って帰った。
お昼に実母が来てくれて、入れ替わりで出勤。
講演会の講師依頼も無事完了。

N氏が夕飯を作ってくれる。
ここ最近、週3日くらいは作ってくれるので、試験直前なのに申し訳ないなと思いながらも感謝して甘えている。

寝る前のMの体温は37.6℃。

寝る前の会話
動物大好きのNNのために、「舌きり雀」「おむすびころりん」の昔話をした。
NN「NNちゃん、ネズミだーい好き!」←子年
M 「私、だんご虫とわらじ虫、気持ち悪いから嫌い。畑のイチゴを食べたりするから。アリは好きだけど。猫とネズミは好きじゃない。犬は好き。戌年だから」
私 「お母さん、ナメクジとゴキブリだけは大嫌い!!」(かなり本気)
M 「ナメクジって何?」
私 「カタツムリの殻のないやつ。なんで、殻がないだけなのにあんなに気持ち悪いんだろう」
M 「私、ナメクジ嫌い~」←すぐ私の影響を受ける
NN「NNちゃん、ネズミとー、ちりん(キリン)とー、うさぎとー、猫とー、ちりん(キリン)がだーい好き!!」
NNは動物全般が大好きで、特に好きなのはキリンらしい。動物園に行った時もキリンが見えると「ちりん(キリン)ー!!」と猛ダッシュしていた。将来は飼育員か、ペットショップの店員か、はたまた獣医か!? 親の夢は広がる。
Mが元気になったらまた子ども達を動物園に連れてってあげたいな。

6月12日(日)激しい頭痛/Mとディズニーランド

M、発熱中(38度台)。午前中はN氏にNNを砂場へ連れて行ってもらった。
その間に私は、洋服ダンスの中で着なくなった服を整理した。
M 「お母さん何してるの?」
私 「服が増えるタンスがいっぱいになって、入らなくなるから整理してるんだよ。
もう着ない服や古くなった服は、『ありがとう』と感謝して『さようなら』するの」
M 「ふーん。私もやろうっと」
M、タンスをゴソゴソしだした。子どもは何でも真似をする。親が良い習慣をこころがけれていれば、子どもも見習って同じように成長するのかも知れぬ。環境は大事だ。
寝すぎたためか、夕方から頭痛がひどかった。お風呂に浸かったら、いくらか緩和されたが。
動物大好きのNNのために、寝る前に「浦島太郎」「うさぎと亀」の話をした。だいぶ昔話が分かる年齢になってきたか。
M、熱にうなされてか深夜に泣き出した。リンゴジュースを与え、少し話をした。
M 「ディズニーランドってどんなとこ?」
私 「M、ディズニーランド知ってるの?」ちょっと驚いた。
M 「リオちゃんが教えてくれた」
私 「千葉県にある遊園地。Mの住んでるのは○○県ね。ミッキーやミニーがいて、握手してくれたりする」
M 「ふーん。いいな、行きたいな」
私 「NNが小さいから、もう少し大きくなったら行こう。千葉県までは遠いから、車で行ったら一日かかって退屈だよ」
M 「じゃあ行きたくない」
私 「小学生になったら、もっと面白く感じるようになるよ」
M 「じゃあ、小学生になったら行く」
Mも早5歳。会話をしていると小さな大人みたいで面白い。

6月11日(土)同じ失敗は繰り返さない

Mの熱が一週間近く下がらない。朝から顔色も悪く、「気持ち悪い」とべそをかきながら唾液を吐いた。すぐに実家に電話、NNを預かってもらうことに。
私「NNちゃん、サッと着替えて!」
NN「NNちゃん、サーッと着替えたよ」
私の言葉を反芻して得意気な表情。ぎこちないながらも最近は自分で着替えてくれるので助かる。
NNを預かってもらっている間に、Mを連れ小児科受診。
昨年、夏風邪で入院してしまった反省も踏まえて、血液検査をしてもらい点滴もお願いした。
炎症反応(CRP)の値が高い=感染症、ということで抗生物質を点滴に入れてもらって、ひとまず安心した。早めに対処してもらって本当に良かった。
午後からは実家で昼寝させてもらいゆっくりと過ごした。一週間の疲れを癒やした。
ちなみにN氏は試験直前で図書館。冷たいと思うけれど、仕方が無い。できる範囲で家事・育児は協力してもらっているので文句はない。

6月10日(金)職場メンバーでの飲み会/チビだけどしっかり者

Mは一日義母に預けた。
Mが発熱しているので出てくるのは気が引けたのだが、幹事なので行かざるを得なかった。
管理職がいないメンバーで、総勢22名。出席率は100パーセント。
飲み放題をセットしておいて良かった。みんな恐ろしいぐらいに次々頼む。
皆、普段とは全然違う様子で物凄くイキイキしていた。また機会があったら開催したいな。3時間ほどで帰宅して、Mの様子を聞いたがあまり芳しくない様子。
熱は38度台で推移。座薬もあまり効かない。あまり長引くと入院になってしまうのがいつものパターン。明日は小児科に行かなければ。
保育園の連絡帳によれば、NNはいつもよりも長い距離をお散歩したらしい。最後までちゃんと歩き、泣いているお友達には「大丈夫?」と声をかけ、車が来ると「車ちた(来た)よー!」と知らせるなどしていたらしい。家ではチビだけど、外では意外にしっかりしているんだなあと感心した。
とりあえず褒め、「Mが普段NNに優しくしてあげているから、NNもお友達に優しくしてあげているみたいよ。Mありがとう」とMも褒めておいた。

6月9日(木)母に預ける

実母がアパートに来てくれ、一日Mを預かってくれた。Mは大喜びで、人形やブロック遊びで実母をもてなしたらしい。(実母いわく「人形接待」「ブロック接待」・笑)
しかしハッスルしすぎたようで、夜に熱が上がった。
「ばあちゃんが来て嬉しいのは分かるけど、ちゃんと昼寝しなさい」とMに言い聞かせておくべきだったか。

6月8日(水)一日が終わると全身が疲れて動かない

朝一番に不燃物を出しに行った。少しは家の中もすっきり。
今日はN氏が看護の日。私は一日働いてきた。今日は残業はせず、すぐにNNを迎えに行き、N氏が交代で家を出て歯医者に行っている間、夕食を作った。
Mの熱は、38度台で推移。
よしずは効果を発揮しているようだ。家の中が涼しい。
夜、寝る前に友人S子から電話あり。思わず、「もう仕事辞めたい」とぶちまける。
30分ほど話していたら、NNが「絵本読んでー!!」と腹を立てて泣き出した。
働いて家に帰ったら子どもの面倒を見て家事をして。本当に働くだけの人生。
と思ったら、幸せなはずなのに何だか悲しくなってきてしまい、とにかく寝た。

6月7日(火)M、発熱

 Mが発熱した(微熱)ので、仕事を休んで小児科へ。「のど風邪」とのこと。
 午後はNNを迎えに行った。熱は下がっていたのだが、夕方また上がった。
 「K公園に行きたい!くもの巣(遊具の名前)やりたいー!」と駄々をこねていたが、「それだけ元気あるなら保育園行きなさい!」で一喝。
当然食欲はない様子でゼリー、りんごジュースを摂取。
夜寝る前にシンデレラの話をした。
私「王子様とシンデレラは一緒に踊りました」
NN「(両手を広げて)どうやって踊ったん? こうやって踊ったん?」
私「(両手を広げて)うん、こうやって踊った。…やがて、お城の使いがシンデレラを馬車でお城へ連れて行きました」
NN「シンデレラのお父さんはどうしたん? 死んだん?」
私「(冒頭でも説明したのだが再度説明)」
 NNの言葉数がすごく増えたのだが、物語への突っ込み所が中々面白い。

それとは別の話。注文した「よしず」が届いたので、南側のベランダに設置した。大変だったが、これで少しは涼しく過ごせそう。
私といえば自分の仕事の段取りの悪さにドーンと落ち込み、低迷中。
 気づいたら「もう辞めたいなぁ」と考えていることが多い。辞めても経済的にやっていけないからとにかくやるしかないのだが。

6月4日(日)日曜出勤

 早朝から仕事。お客様ご一行のバスのお見送り。1時間ほどで終了。
 その後、30分ジョギングとウォーキング。
午前中、N氏に子ども達を公園と動物園に連れて行ってもらった。
 クジャクが羽根を広げていたという。NNは大喜びだったようで、ウサギを撫でたりフラミンゴを観察したりしていたらしい。N氏が「NNは本当に動物が好きなんだね」と言っていた。私はその間に子ども達の夏服とトマトの苗、日用品を買った。
 トイレスリッパとカバーを新調。気分一新!
 昼、市外のカフェにて昼食を摂った。私はトマトパスタ、子ども達はクリームパスタ、N氏は和風ドリア、プラス野菜ピザ。クリームパスタが一番美味しかったような気がする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。