乙姫神社

みやびの日記&エッセイ。 2006.11.9~ Copyright(c) Miyabi All Rights Reserved.
2012年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2012年10月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年09月
ARCHIVE ≫ 2012年09月
      

≪ 前月 |  2012年09月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

9月28日(金)研修2日目/友人の退職

まことに憂鬱な研修2日目。
原因は先生の難しい講義じゃなくて、
グループ全体に流れる「誰かが何かしてくれるのを待っている」受身姿勢。

リーダーは「これについては…○○…という風に進めていく、という意味で良かった…よね?」
というような疑問形の進行の仕方をするし、
もう一人は終始黙っているだけで何の反応もなし。
もう一人は黙って微笑んでいるだけ。
一人突出して頭の良い男子がいるのだが、「思った以上に意味の無い研修だな」とやる気なしモード。
(この男子にイニシアチブを取ってもらうか私が進行役になれば良かったのだが)
仕方ないので、私が一部仕切らせてもらったが、腹が立ってしょうがなかった。
他のチームはまとまって話を進めているのに…
まるで大貧民で弱いカードしか来なかったかのような人選。
(私も含め)


結局、一番意見がまとまるのが遅くなってしまった。
最後には先生が助け舟を出してくれて、
「このグループは声が出てませんね」
「男性陣、なぜしゃべらないのですか?」と投げかけてくださった。
先生も大変だなあ。
やる気が無いのだけはどうしようもないもんね。

研修が終わり、職場へ。
私の同僚である、イケメンJが退職することになっていたのだが、
一緒に写真撮影させてもらった。
Jがいなくなるのは寂しいが、仕方の無いことだ。

その後、一部メンバーで極秘でJの送別会を行うことになっていたのだが、
出て行きしなに上司が
「柚木ちゃん、J君の送別会行くんやろ?」

なぜ知っている?
その鋭さをもう少し仕事に活か(ry


夜は隠れ家的なお店で送別会。
店主の笑顔と、心のこもった家庭料理がとても素敵なお店だ。

moblog_142be192.jpg

Jの隣席にも座らせてもらい、色々と他愛もない話をした。
これで、心を許せる人がまた一人職場からいなくなる。

でも、社員という肩書きを取っ払っても、Jとはいつまでも友達でいたい。
スポンサーサイト

9月26日(水)研修1日目

今日は、県庁所在地の方に出向いての研修。
我が社からは4人が受講。
会社同士の統合により、新たに同期になった男性も加わった。
ただでさえ少ない同期、近年退職で人数が激減してきていたので頼もしさを感じる。

研修前半は聴いているだけだったのだが、
後半になるとやり手の先生が現れ、次々マイクを回して当てていく展開に。

頭がついていかない……。

とりあえず昼食は、新メンバーの同期がスイーツカフェに連れて行ってくれて、
明太子ソースのオムライスセットを注文。
マカダミアナッツのアイスクリームとショコラケーキも食べて、大満足。

moblog_fb161294_20121002050818.jpg
午後からはグループに分かれての演習。
男性2人、女性3人のグループだったのだが、
全員受身姿勢でやる気なし。
言葉を投げかけても返ってこないので、砂漠に水を撒くような不毛さを感じた。

やる気ないのは分かるんだけど、一応研修も仕事時間の中に入っていると思うのだが。
あと1日この研修があるのは憂鬱だ、と思いつつ帰路についた。

9月17日(月)氷菓

春から見続けていたTVアニメ『氷菓』が終わってしまった。

maru1335109530146.jpg

kyk1-1.jpg

前半はおとなしめの展開だったので、これからどう転ぶのだろうと思って観ていたが、
心爽やかになるような素晴らしいアニメだった。
作品全体に流れる空気感が好き。
時間ができたら、またDVD等で最初からゆっくり観たいなぁ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。