2月17日(日)こびとづかん
 午前中は職場でファイル類の片付け。今月は子どもの行事で結構休んだから、ちゃんと片付けとかなくてはね。
 夜は家族でうどんを食べに行った。昨日はご馳走だったから、今日は消化の良いものを食べねば。
 最近子ども達の間で大流行の「こびと観察日記」を観た。保育園で観ているらしく、子ども達が観たい観たいとうるさいのでN氏がDVDを借りてきたわけである。
M「ねえお母さん、ホトケアカバネは幸せを運んでくれるコビトなんやよ。でもアラシクロバネは物を散らかしたりして、悪いことをするコビトやよ」
NN「シボリオチチは、トウニュウを出すよ!」
ほーお。コビト博士か。
 最初はコビト達のビジュアルが不気味だったのだが、そのうち慣れて可愛さすら覚える今日この頃。
M「私はカクレケダマが飼いたい。かわいいから」
N氏「あれのどこが可愛いんだ!??@@」
私「お母さんはカクレモモジリにしようかなあ……」
 いつの間にか私もコビト世界の住人である。

2月16日(土)妹の結婚式
 午前中は快晴で、子ども達と縄跳びや自転車の練習をした。Mは前とびが60回出来るようになったし(昨年までは全然飛べなかった)、NNは補助輪付の自転車が上手に漕げるようになった。最後は鬼ごっこをして今日の遊びタイムは30分弱で終了。
 午後からは妹の結婚式。いきなりふぶき始め、雪の結婚式と相成った。
 白いドレスに身を包んだ妹は本当に綺麗だった。小さかった妹が(今では私よりも長身となって)結婚するんだと思うと、感極まって涙が出てしまった。母も泣いていたし、妹の親友もスピーチで号泣。妹自身も泣いていた。なんだか自分の結婚式より感動したなぁ。
 妹夫婦の好意で我が娘ふたりがフラワーガールをさせて貰うことになったんだけど、Mがバージンロードを花を撒きながら早歩き。NNと新郎新婦は完全に置いてけぼり。会場が笑いに包まれ、母親の私は思わず冷や汗が出てしまった。
本当にごめんなさい。(;;)
 レストランウエディングだったので、料理もすごく美味しくて、お腹いっぱいになった。
 新郎新婦に注目しカメラを構えつつ子どもの世話をしてビールを注ぎに行って料理を食べる、と忙しかったけどアットホームで温かい式で、楽しませてもらった。
母「サチコ、本当に綺麗やわ……」
私「ほんまやね。本当に綺麗やね」
母「本当にこういう時ってね、一番輝いとるものなんよ。みやびの時もそうやったわ」
私「そうだったっけ?」
 私の花嫁姿はお世辞にも美しいとは言いがたいものであったが(笑)。
 家族の思い出の詰まったプロフィールビデオと心のこもった花嫁の手紙にまたウルウルしてしまった。
妹よ、何回私を泣かせる気だ!とハンカチを手にし余韻に浸っていると、
弟「グスッ…ウッウッ…」
私「あんたまさか泣いてるの!? 大丈夫?」
弟「…本当に手のかかる妹やったわ…グスッ」
N氏「泣くなよ~」
弟までも号泣。N氏にたしなめられていた。手のかかる妹だったかも知れないけど、弟は結構可愛がっていたから泣くのも当然だろう。
 結婚式&披露宴が無事お開きとなり、ホッとした。会場で戴いたいっぱいの黄色の花は、妹のドレスと同じ幸福の色。今、我が家は部屋中が花だらけ。良い匂いを放っている。

妹よ、本当におめでとう。
貴女の幸せを心から祈っている。
2月14日(木)ミッション・バレンタイン
 朝、N氏にチョコレートをプレゼントしたら、
「忙しいのに俺に気を遣ってくれて有難う。いってきまーす」
とルンルンで出社していった。チョコ一つで喜んでもらえるとは、準備した甲斐があったというものである。
 職場では、おみくじ形式にして配ったチョコがうけて、皆さんにお礼を言われた。
 夕方、子ども達を別室に集めて作戦会議。
私「お父さんに内緒でチョコレート作るよ。これが材料」
M「分かった!! 作ろう!!」
私「お父さんには秘密やからね
NN「ウン」
 数分後。
M「ねえお母さん!! NNがお父さんにチョコレートのこと喋った!! もー、なんで喋るの~!」

 早速チビが秘密をしゃべったらしい。黙っていられなかったんだろうな。思わず笑ってしまった。
 子ども達にチョコを割らせて、Mに千切りにしてもらい、湯煎にしNNに混ぜてもらった。後はお待ちかねのデコレーションタイム。二人とも一生懸命飾り付けていた。
 二人とも大分器用になってきたから、来年はもう少し難しいお菓子に挑戦しようかな。
 困ったな……(お菓子作りには自信なし!)
2月14日(木)個別懇談会
M
・昨年はお友達の輪の中に入らず、一人だけで遊んでいる事が多かったので心配していたが、年長の今年は、「みんなの気持ちが分かる」「性格が優しい」Mのところにたくさんのお友達が集まるようになったそうだ。
・粘土遊びが得意で、髪の毛やケーキ等、細かい細工もするそうだ。出来上がった粘土のケーキでお友達と一緒に「ケーキやさんごっこ」をしたりもするらしい。
・先生が「今から○○をするんだけど、誰か手伝ってくれる人いませんか」と声をかけた時、必ず手伝いに来るそうだ。
・これからは、「自分でどうしたいか考えて行動する」ように仕向ける事が肝要とのこと。後、最近の園児は失敗すると自信をなくして落ち込んでしまうそうなので、「失敗しても大丈夫」と声をかけてあげるといいようだ。

NN
・言葉の出るのが遅い子だったのと、保育園のことを聞いてもあまり教えてくれないので心配していた。最近は大きい声が出るようになって、遠慮しなくなったらしい。
・交友関係は広く浅く、その場にいるお友達と上手に遊ぶらしい。どちらかというと男の子と一緒にいることの方が多いらしい。
・少し乱暴な子もクラスにいるらしいのだが、「NNちゃん、絵うまいね!」「○○描いて」と男の子達が集まってくることがたまにあるらしい。最初叩かれたりして嫌な思いをしていたらしいけど、NNの場合は絵が武器になったらしく、今では仲良く遊んでいるそうだ。

・これからは、「自分の思いをはっきりと口に出して言えるようにする」「家族でいる時間が短い分、祖父母との関わりも大事にする」ことが肝要だそうだ。

先生方、長時間どうも有難うございました。大変参考になりました。
2月13日(水)
 夕方から部長の車の運転手、夜は明日職場で配るバレンタイン・チョコレートのくじ作り。喜んでもらえるといいなぁ。
2月11日(月)三連休
三連休。

家族で家具店に行き、春から小学生になるMの目覚まし時計や電気スタンド等を中心に、日用品を購入。
アパートなので机を置くスペースはないけれど…自分のコーナーが出来たからかMは張り切っていた!
M「私、明日からこの目覚まし時計で6時に起きる!!」
がんばってね。^^

慢性疲労で、長らく意欲を失っていたのだがようやくクローゼットの片付けに着手。
最近黒酢を飲むようにしたからか、少し元気になったのだ。

娘ふたりの作品を整理して、家の中の不用品をゴミ袋2袋くらいにまとめた。
これぐらいでグロッキーになってしまう自分、情けなし(笑)。
2月8日(金)~9日(土)送別会
 職場の送別会。お世話になった女性上司が退職となるため、皆で昼休み練習した獅子舞を披露することになった。我が係が幹事なので、この日まで一生懸命準備をした。
 夜は色とりどりの浴衣に着替え、送別会を行った。アクシデントもあったけど、なんとかうまくいった。宴会の最後には感極まって泣いてしまった私であった。
 嫌なことを言われたり叱られたこともあったけど、よく相談に乗ってくださったり、かばって下さったり本当にお世話になりました。女性上司様、今まで有難うございました。
 深夜、雪の中波音を聴きながら熱い露天風呂へ。体が心から温まった。雪の中の露天風呂、最高!
 夜は事務職と専門職の4人部屋で、午前3時くらいまで喋り倒した。修学旅行みたいな夜だった。それにしてもこういう場って愉しいんだけど、一抹の寂しさを感じるのは私だけだろうか。
 翌日は眠くてだるくて、「やり切った」という思いで放心状態。帰宅してから午前中いっぱいはずっと寝ていた私であった。本当にお疲れ様でした。
2月4日(月)組合有休
今日は組合のイベントがあったため、午後から有休取得。RちゃんとM子と一緒に会場1Fのレストランでランチを食べた。海老カツカレーを食べたのだが、ひなまつりをイメージしたデザート(菱餅&あんこ餅&わらび餅)とコーヒーでお腹がいっぱい。
それにしても、ここ数年間育児と仕事ばかりの生活を送ってきたためか、集まっても話題に困る。ホントに困ってしまった。子ども達が10歳を超えたら、自分の趣味に邁進できる時も来るのだろうか? それまでの辛抱か。
 組合が15時前に終了したので、帰宅して家の片付け等。片付けは心の余裕を生んでくれる。Mの入学関係でまたモノが増えるので、上手に整理しとかないと。
 子ども達と折り紙をしたり、風船でバレーボールをしたりして遊んだ。N氏も混じってくれたのが良かった。教育講演会の効果か、N氏も積極的に子ども達に話しかけたりしてくれて本当に嬉しく思う。
2月3日(日)節分
 午前中は、家族四人で久しぶりにO公園へ。巨大遊具が補修工事中で遊べず、がっかりした。
N氏「おっ、あそこにも遊具があるじゃないか! 登ってみるか」
 何と公園の反対側に遊具があり、全員で登って遊んだ。張り巡らされたネットの上を渡ったり、迷路みたいな細い階段を登ったり。
M「落とし穴があるよ。お母さーん!」
NN「お母さーん!!ここだよー!!」
 元気いっぱいの子ども達。私も体力が落ちて凹んでいる場合ではない。頑張らねば!!
 途中で「疲れた。帰りたい」というNN。
N氏「NN……こいつ体力ないな。すぐ『疲れた』ばかり言って。外で遊ばんタイプだ」
 同感。もっと外に出るよう仕向けねばならない。
 帰りは、全員でいつものうどん屋さんに寄った。豚キムチうどん、美味しかった。
 その後、Mの学用品を買いにSCへ。キティちゃんの筆箱に鉛筆、巾着などほぼキティちゃん尽くし。疲れたけど、学用品がほぼ揃ったのでひと安心。
 夜は子ども達を駆り立てて手巻き寿司を作成。
私「NN、ほうれん草と玉子混ぜて。次はきゅうり切って」
NN「もう疲れた!」
プイッとあっちに行ってしまうNN。Mは根気よく事に当たってくれるのだが……NNに関してはもう少し関心を持ってもらう工夫をしたいものだ。
 夕食後は、豆まき。鬼役の私がバイオハザードのゾンビばりの演技を見せたため、子ども達は大喜びで「キャー!!」「鬼は外、福は内!!」と豆を撒きまくってくれた。
 その後全員で食べたピーナツの美味しかったこと。いい節分だった!
2月2日(土)ナオちゃん
 今日はMが一番仲良くしている「ナオちゃん」が遊びに来る日である。午前中から片付けまくり、水拭きし、子ども達には箒を持たせて台所を掃除させた。
 すっごく疲れたが、これも子どものため!!
 M達にとっては、すごく大切な思い出になると思う。成長の糧になると思う。だから絶対呼びたい、と思っていた。
 仕事で多忙につき、今までママ友を自宅に呼べたのは数回。しかも、保育園の友達が家に来るのは初めてのことだった。すごく勇気がいったが、結果大成功。
 ナオちゃんと弟もすごく優しい子達で、ナオちゃんのママもすごく気さくな方であっという間に時間が過ぎた。
 女の子3人+男の子1人なので、ナオちゃんの弟君が暇そうだったのだが、そのうちにコマ回しをしたり、鬼ごっこをしたりする頃になると4人全員がまとまった。
 いい時間だった……。ナオちゃんご一家に感謝。本当にありがとう。これからも長く行き来できる関係になれればいいんだけど。
子どもが喜んでくれるなら、子どものためになるのなら、できる限りの事をしてあげたい。そんな気持ちが自然に沸いてくる。
私もいつの間にか母親になったんだなぁ……としみじみ思う。
2月1日(金)M、小学校体験入学!!
 Mの入学説明会のため、夫婦揃って会社を休んだ。
3年間の過労により、燃え尽き症候群のような状態になってしまっている私。1月は疲労が取れず、やる気もおきず、微熱が続く状態だったのでN氏も心配してくれたようで、免許更新のついでに1日有休を取得してくれたのだ。
家庭環境や振込用紙、登校調査票などを提出した後、Mは体験入学(机に座って折り紙やお絵かきをする)へ。
説明会&教育講演会に参加。学校の雰囲気は堅実な感じで、先生方もすごくしっかりしておられる印象を受けた。この学校なら安心して子どもをお願いできる、と思った。
教育講演会も、家庭教育の先生が来ておられてすごくためになる話が聞けた。たくさんメモを取った。
・早生まれの子がそうでない子と並ぶのが9歳。早生まれの子を持つ親御さんは、心配しないで欲しい。
・3人で遊ぶと、1人が仲間はずれになるから、なるべく4~5人で遊ぶ。
・セルフディフェンス(自分を守る力)が重要。
・コミュニケーション能力をはぐくむ…お風呂で発声練習(親子の会話)をすると自信がつく。目を見て話せない子が、不登校やひきこもりになっていく。
・「きかん子」(負けん気の強い子)はこの時代を生き抜いていける素晴らしい子。そんな子を持っている親御さんはどうか自信を持ってほしい。
 分かりやすくてユーモアがあって、勇気の持てる内容だった。
 その後は体操服や算数セットを受け取り、学校推奨の通学路を通って帰宅。
私&N氏「M、どうだった、小学校は楽しかった?」
M「すごく楽しかったよ。女の先生がいて、優しかった。入学するのが楽しみ」
 それは何より。夢と希望を持って、四月から新一年生!

帰宅して。
私「N氏今日は来てくれて有難う。仕事忙しかったのにごめんね」
N氏「俺、一回○○小学校がどんな所か見てみたかったんだ
N氏のセリフもまた意外なものであった。今じゃいいお父さんになったね。
プロフィール

柚木みやび

Author:柚木みやび
柚木みやびの日記&エッセイ。 2006.11.9~ 
Copyright(c) Miyabi All Rights Reserved.
(プロフ画像はしいたけさんの絵本から拝借しています)


カテゴリ
リンク
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム