4月28日(日)長野、小布施へ
社内旅行で行った長野県の小布施の雰囲気がすごく良かったので、
GWの旅行にリクエストしたら採用された。

到着は昼前。小布施の町並みは整然とした中にも風情があってきれいだ。
所々に見かけたしだれ桜が美しかった。

桜井甘精堂のマロンシュークリームを食べた。
これは家族にも大好評!
栗の風味が素晴らしかった。お店の中も清潔感があり上品で、その場で食べるためのテーブルが設置されていて嬉しかったなあ。

お昼は竹風堂の山菜定食。栗おこわと山菜の煮物、むかご……。
ヘルシーでうれしいメニュー。

途中で北斎美術館に立ち寄った。
私の好きな作品は「白拍子」。子ども達も「あ!お姫様がおるよ」と注目していたぐらい華があった。
東海道を描いた版画のイメージが強かったが、
「鮭と牡丹」などのモチーフの組み合わせが面白かったり、「画狂老人卍」のペンネームもユニークで洒落ていたり。
市井の生活を描いた作品「北斎漫談」等も緻密。作品の量に圧倒された。本当に絵を愛していたんだなと思う。
東洲斎写楽の絵もいつか見てみたいなぁ…。
満88歳没と言われており、長生きだったのも意外であった。

私は「白拍子」のハンカチを、子ども達は「和紙の中條」で紙細工を買い求め旅のお土産とした。

その後は小布施の町並みを歩いて楽しんだ。
栗の木の敷き詰められた道を歩いたり、小道を探検したり。

その後は渋温泉へ。
いくつもの外湯に入れるのは宿泊客のみ、日帰りの客が入れるのは一箇所だけとの事であったが、一箇所で十分。
NNも大きくなったので女湯へ。子ども達が熱がるので水で温泉を埋めてからの入浴。
凝りがほぐれ、気分爽快。気持ちよかった!

「千と千尋の神隠し」のモデルとなった温泉旅館の建物も歴史を感じさせ素晴らしかった。
建築様式が独特で日本のような、中国のような、どこか懐かしい印象を受けた。

町をぶらぶら歩いていたら、いくつか神社があり「モンスターハンター」のオフ会の参加者による絵馬がかけてあったり、猿に遭遇したりと楽しい旅であった。

天気も良かったし、大満足の一日だった。
4月23日(火)M、はじめての家庭訪問
Mの初めての家庭訪問。
週末にN氏が掃除機をかけてくれたため、何とかキレイな状態になった我が家。
仕事は午前中で終わらせ、車に飛び乗った。
近所の和菓子屋さんで「いちご大福」を二つ買った。
(この辺りの習慣なのか分からないのだが、お客さん一人に対し「ふたつ菓子」と言って、
 お菓子は二つ準備するのだ。)

先生が来られたのはだいたい予定通りの時間で、5分ほどで帰られた。
・宿題、提出物などはちゃんと出ている
・後ろの男の子が元気なので、相性が心配だったが前後4人で仲良くやっているので安心している
との事だった。
学校に対して要望はあるか尋ねられたが、
「十分にしていただいているので、これ以上は何もありません」と答えた。
先生の声はすっかり枯れていて、子ども達を教えるのでとても大変なのが伝わってきた。
40人弱の子ども達と向き合うなんて物凄いストレスだと思う。
先生に感謝して、お見送りをした。
4月21日(日)長野・諏訪大社
ぐるりと山に囲まれた長野県が大好きな私。
N氏の提案により、諏訪大社と渋温泉に行くことになった。

ところが、気温が10度を切るというのに子ども達が上着を羽織ってこず、
「子どもがかわいそう。時間はかかるけど引き返して上着を取ってくる」と言う私と、
「引き返すなら近場へ出かける」と言うN氏の間で口論がなされた。
結果、私が怒って無言になったためN氏はやむなく引き返してくれた。

しかしその後、長野県に入ると所々残雪があり風がとても冷たかったので、
N氏が「みやびさんの言うとおりにして正解だったわ」と言ってくれた。
N氏の分の上着も取ってきて良かった。

諏訪大社が全部で4社(本宮・前宮・春宮・秋宮)に分かれており、タケミナカタノミコトを封印する4つの御柱が立つその構造が4社ともよく似ていることが興味深かった。
今回は前宮以外の3社を参詣。
御柱以外にも樹齢数百年と思われる巨木が何本も立ち、清浄な空気に満ち溢れた神社だった。
子安社では安産祈願のために、底をぬいた金びしゃくが幾つも祀られていた。
私は子ども達が健やかに育つよう、育児祈願をした。

N氏はお守りを戴いて、子ども達と私は翡翠みくじを引いた。
子ども達は大喜びで、翡翠をお守りに大切にポケットにしまっていたっけ。

生まれて初めて諏訪湖も眺めることができ感激した。湖なんだよね。まるで穏やかな海みたい。

帰りには食祭館で塩羊羹とシードル(りんごワイン)、手長海老の煎餅を買った。
諏訪市の萌えキャラ「諏訪姫」。いやぁ、萌えキャラブームですなぁ。

帰りには山猫亭で蕎麦を食べた。
子ども達は「ざる蕎麦が食べたい!」と言っていたが、
体を冷やすので「山菜蕎麦にしなさい。」と言って温かい山菜蕎麦を食べさせた。
Mは「山菜、美味しいね」と言っていたが、NNの方はどうなのやら。
お店の壁に春風亭昇太さんのサインを発見。旅って愉しい。
4月19日(金)M、授業参観/お友達ができたみたい
一日有休を取得!
午前中は家事に追われ、午後からは授業参観へ。
一丁裏のベージュのスーツは、
久しぶりに着たらウエストの部分がキツくてファスナーが上まで上がらなかった…。^^;

授業参観、Mはソワソワしていて時々後ろを振り返ったりしていた。
「ちゃんと先生の話を聞かれ。」
と言ったら前を見ていたけど、隣の席の女の子とくっついてヒソヒソ喋っていたなぁ。
とりあえず、おとなしいMにお友達ができたのは喜ばしいことだけれど。

帰り道。
M「私、そろばん習ってみたいなぁ。頭が良くなるから習いたい」
私「ピアノ習い始めたばかりだからね。あれもこれも無理だよ」
親自体、ピアノに連れて行くだけでやっとの状態!
でも、『やってみたい』という気持ちはなるべく大事にしてあげたいなぁ。
あと一つ習い事をするとすれば、体を動かす系統の方がいいような気がする。
水泳とか、空手とか。(私の場合は書道&剣道だったけど、剣道は習うのがちょっと遅かったかも。)

夜はピアノ教室!
私の帰宅が連日遅いので、中々子ども達にピアノの練習をさせてやれないんだけど、
先生からの宿題がちゃんとやってあるか確認したり、時々アンパンマンのキーボードを弾かせて復習させている。
勉強大好きMは、ちゃんとドリルをこなし、ピアノも真面目に練習。
一方NNは途中でドリルを投げ出し、のんきに夕食を食べている。ここで教育ママ(私)登場。

私「NN、宿題の音楽ドリルをやりなさい」
NN「えーまたドリル? もうヤダ」
私「あー、じゃあお母さんがNNの代わりにピアノ習っちゃおうっと~
 お母さん、ずっと前からピアノ習いたかったもんね~」
NN「ダメ! 私がドリルやる!」
NN、脅しに負けて一生懸命復習してくれた。しかし、いつまでこの手が通用するやら?

習い事も、毎回楽しいことばかりじゃないからね。
継続する楽しみと辛さの両方を、学んでほしい。
4月14日(日)お誕生日(M、7歳に)&カフェランチ
午前中は仕事。(サービス残業)

午後はN氏の提案により、近くのSCへ。
N氏「ほら、○○カフェってあるだろ? あの店の前にパフェがずらっと並んでいて美味しそうなんだ。
一回食べにいかんけ?」

いいよ。じゃあ、Mの誕生日プレゼントを探しがてら、行きましょう。
4人でサンドイッチをトレイに溢れんばかり積んで(柚木家は全員が大食漢)、レジへ。
パフェも半分ずつに分けて食べて食べた。あぁ、美味しかった!
久しぶりの4人の時間だったような気がするな……。

その後はMの誕生日プレゼントにシルバニアファミリーの「森のパンやさん」を買って、
くるみリスファミリーのお父さんと男の子も追加購入して帰宅。
N氏は実家の用事へ。私は疲れて眠りこけてしまった。

夕方は、M達とケーキを買いに行ってささやかながら誕生パーティーをした。
デジカメの動画で、毎年お誕生日インタビューをするのが結構楽しみ。
「大きくなったら何になりたい?」「好きな食べ物は?」「好きな色は?」
Mは将来の夢はケーキ屋さんのままぶれない。
NNはたこ焼き屋さんとか、お菓子屋さんとか毎年コロコロ変わるんだけど、
絵が上手だから画家とかデザイナーの方が向いているような気がするのだが…。
二人とも大きくなったら何になっているだろう。今から想像すると、とても楽しみ。^^

明日からまた慌しい一日が始まるな……。(憂鬱)
4月13日(土)花見ピクニック
残業で夜に帰宅する日々が続いていたので、今日は家族サービスするぞ!と意気込んだ。

N氏が実家の用事(義姉の送迎)に行っている間、冷蔵庫の残り物でケチャップライスとじゃがバターを作成。
弁当箱に詰め、子ども達にピクニックの準備をさせた。
Mはこういうのが好きみたいで、「お母さん、ありがとう。とっても嬉しい!」と大喜び。
こんなことで喜んでもらえるなら、いくらでもやってあげたい。
普段忙しいから、中々できないけど…。

いつものK公園だけど、いつもと違う場所に車を停めた。
コンビニでおやつとお茶を調達し、いざ出発!

私「いつもと全然違う場所から見る景色、いいやろ」
M「本当だ。ここから見る景色も、中々いいもんだね」
大人みたいなMのセリフが何気に面白いんだが。

NNにせがまれ、動物園の展示館で動物さん達の剥製を見た。
NN「あ!これも死んでる! あ!これも死んでる! あ!これも死んでる!」
M「お母さん、どうしてこの動物達は死んでしまったが?」
私「昔、この動物園で飼われていた動物や、山で死んでしまった動物が、
 子ども達に勉強してもらうために剥製になったんだよ。
 だから、いっぱい勉強してね。」
M・NN「ウン」

桜に囲まれた広場でお弁当を広げた。周りにはコスプレをした人や陽気に踊る外国人らの姿が。
Mは食べるのが早いので、「桜の花を見ながら、よく噛んで食べてね。桜の花を見ながら食べたら美味しいよ。」
と言っておいた。
帰りに姫りんご飴を買ってあげた。
姫りんごを手に持って遊ぶ娘たち。

M「わたし、りんご飴!☆ 
   人間達が舐めてきて気持ち悪い…(´Д`)」

どんな世界観やねん!…orz
りんご飴になりきったMが本当に気持ち悪そうな声を出していたのに思わず吹き出してしまった私だった。
ちなみに、食欲旺盛なNNのりんご飴はすぐになくなってしまった。
ああ、子ども達と一緒にいられて、いい一日だったな。
4月8日(月)初登校
Mは今日から近所の6年生のお姉さんに一週間だけ一緒に登校してもらえることになっている。
準備をさせ、朝7:20に家を出た。
手をつないで行くと、お姉さんが待っていてくれた。
挨拶をして、二人が並んで学校に向かう姿を見送ったが……。

Mは保育園のクラスでは大きいほうだったのに、
六年生のお姉さんと並ぶと、一年生はやっぱり小さいなぁと思った。
すごく幼く見えて、それがまた心もとなくも可愛く思えたのだが。

NNの方は、新しいクラスは仲のいい子が多いらしい。
2歳児のクラスの時に一番仲の良かった男の子と再会を果たしたようだ。
運命の二人、良かったね。^^
NNは男女問わずお友達が多いみたいで安心している。
4月5日(金)入学式&ピアノ教室スタート!
ついこの間まで赤ちゃんだったMが、ついに入学することになった。
何を着ようか迷った挙句、私は着物を着ることにした。
昨日も遅くまで残業だったのだが、5時20分に起きて美容院へ…体がしんどい!
あくびをこらえていたが、訪問着を着せてもらうと背筋が伸びてシャンとした。
「これで『お母さん』の出来上がりですよ!」と美容師さん。
お母さんらしくなりました。

帰宅すると、N氏と子ども達は起きたところ。
ブレザーを着て、髪をおろしたMの姿を見て、「いいなぁ、姉ちゃんばっかり!」とNN。
「あと2年したら、NNの番だからね」と言っておいたが……。
NNは保育園へ。

久しぶりに、N氏、私、Mの3人で表を歩く。
4人家族になってからは、久しくこの組み合わせはなかったわけだが、最初は3人だったんだよなぁ。
今ではNNのいない生活なんて考えられないが……。

銀色の雲に覆われたつめたい曇り空の下、親子3人で『平成25年度 入学式』の看板の前で写真を撮った。
看板の前にはずらりと着物&スーツの行列が…。
皆さん、きちんと並んでいらっしゃいます。

いざ、体育館へ!
紅白の垂れ幕を横目に、M達の入場を待つ。
拍手の中、桜色のスーツの先生に連れられてかわいい1年生達が入場!

入学式の間中、Mは後ろ(保護者席)を振り返ってはソワソワしていた。
よその子の方がお行儀良く見えたなぁ…。^^;

入学式の後、ランチルームで保護者会の役員決めなどがあった。
今日ばかりはお父さん方もズラリと並んでいた。積極的に役員に立候補する方もおられたが、私は今回はパス。
仕事で深夜帰宅の日が続いていたから、今年度は無理と判断した。

その後、Mと手をつないで帰宅し、N氏は午後から仕事へ。
私とMはココスへ行って、久しぶりに二人きりで昼食を食べた。たまにはいいものだな。
着物を着ているから、「今日は入学式ですか?」「おめでとうございます」と5人くらいに声をかけられた。

その後、義母→実母→祖父母宅へ内祝を持参。
義母は留守だったので後からもう一度寄った。
祖父母がすごく喜んでくれたので、行って良かった!と思った。

桜の下、娘の写真をたくさん撮って帰宅。
一年生、かわいいなぁ。

夜は初めてのピアノ教室があり、急いで行って来た。
MとNNと交代で30分ずつの個人レッスン。待ち時間はしりとりをしたり、お話をしたり……。
こういう時間もいいものだと思った。

M、本当に入学おめでとう。
これから大変なこともたくさんあるかも知れないけど、お母さんも応援するから一緒に頑張ろう!
プロフィール

柚木みやび

Author:柚木みやび
柚木みやびの日記&エッセイ。 2006.11.9~ 
Copyright(c) Miyabi All Rights Reserved.
(プロフ画像はしいたけさんの絵本から拝借しています)


カテゴリ
リンク
カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム