スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アバター
ジェームズ・キャメロン監督の映画『アバター』を観に行ってきた。
第67回ゴールデングローブ賞の作品賞(ドラマ部門)及び監督賞受賞作品。
主演はサム・ワーシントン。助演はシガニー・ウィーバー。

3D映画という事で、メガネをかけて観たこの映画。2時間40分と長いので、後半は少し頭が痛くなった。
別に3Dでなくてもいいかも知れないが、浮き上がって見えるのは新鮮で面白かった。

下半身不随の海兵隊員のジェイクが、貴重な鉱石を得るため未開の星パンドラを探索するのだが、
そこに住む青い皮膚の原住民ナヴィと交流を得、目的を達成しやすくするため、
神経接続し、ナヴィそっくりの体『アバター』になり代わる。
そこでナヴィの娘ネイティリと恋に落ち、自分の使命とナヴィ達との間で心揺れ動く…というストーリー。

主人公の中途半端な態度がパンドラの自然を破壊し、多くのナヴィや地球人の命を奪った…という点だけが腑に落ちないのだが、古代を思わせるパンドラの自然は素晴らしく、見ていて面白かった。
夜になると植物が発光したり、神経を接続させることで植物や動物と交流を図ったりできるシーンが印象に残った。

ナヴィ達との交流のシーンはほぼ3Dで描かれていたと思うが、観ていて違和感がなかった。

高度な技術を持った文明が、技術を持たない文明を蹂躙してゆく姿に心痛んだ。
最終的にはハッピーエンドだったが、現実ならばパンドラが地球人に侵略される結末となるだろう。

ストレスの多い現代社会に生きていると、自然の中での生活に憧れる。
プロフィール

柚木みやび

Author:柚木みやび
柚木みやびの日記&エッセイ。 2006.11.9~ 
Copyright(c) Miyabi All Rights Reserved.
(プロフ画像はしいたけさんの絵本から拝借しています)


カテゴリ
リンク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。