スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
絵本(6)3歳
・木暮 正夫 『十二しのはじまり―お正月に読む絵本 (子供と読む行事の絵本) (単行本) 』

この本は素晴らしい。3歳にも興味の持てる内容だったし、巻末の正月行事についての写真入りのページが良かった。
獅子舞や餅つきなどの伝統行事が記載され、非常に民俗学的な一冊になっている!
文句なしの良書!

・つるみゆき『ふしぎなオルゴール』


あきちゃんのオルゴールを壊してしまった「ぼく」が、同じ品物を求めておもちゃ屋さんやフリーマーケットへ。
そこで出会った不思議なおばあさんが、大切な事を教えてくれる。
絵が美しくてストーリーも優しい。

・角野栄子『おうちをつくろう』

積み木でおうちをつくる幼い兄妹。こんな子ども部屋やキッチンがあったら素敵。
想像力が無限に広がる一冊。

・五味太郎『おかあさん』
「わたし、おおきくなったらおかあさんになるの! あかちゃんうむの!」
シンプルな文と絵だが、女性性の素晴らしさが濃密に詰まった一冊だと思う。
ちょうど子どもが「大きくなったら赤ちゃん産むの」と言っていたので借りた。タイムリーな一冊だった。

・佐々木マキ『まじょのかんづめ』

子どもからの人気が高かった一冊。女の子と犬が迷い込んだ家には、謎の銅像と缶詰があった。
現代版ヘンゼルとグレーテル? スリルとサスペンスに満ち溢れた一冊である。
プロフィール

柚木みやび

Author:柚木みやび
柚木みやびの日記&エッセイ。 2006.11.9~ 
Copyright(c) Miyabi All Rights Reserved.
(プロフ画像はしいたけさんの絵本から拝借しています)


カテゴリ
リンク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。