絵本(8)1歳
・松谷みよ子『もしもしおでんわ』


「じりりーん じりりーん じりりーん じりりーん」
モモちゃんの元に、お日さまや蝶々から電話がかかってくる。
やさしい言葉と挿絵で、子どもの心に語りかけてくる一冊。

・ディック=ブルーナ『うさこちゃんのにゅういん』

石井桃子さんの訳が、レトロで上品。
うさぎの看護婦さんが素敵。病院の怖さをやわらげてくれる一冊。

・『うさこちゃんはじょおうさま』

誰しもが幼い頃に思った、「プリンセスになりたい!」という願望を叶えてくれる一冊。
ちなみに「おひめさま」ではなく「じょおうさま」がポイント。
うさこちゃんの頭の大きな王冠(クラウン)が特徴的だが、何よりも女王様に必要なのはカリスマ性と人望、と作者が言っているのがよく分かるような。夢のある一冊である。

・わかやまけん『こぐまちゃんおやすみなさい』
どこの家にでもよくあるような、寝る前の風景に癒される。子ども達から好評だった一冊。

・五味太郎『ばったくん』
「ぴょーんぴょぴょぴょ…」シンプルな文と絵だが、なぜか追いかけてしまうバッタの姿。
1歳児が食い入るように見つめていた。
プロフィール

柚木みやび

Author:柚木みやび
柚木みやびの日記&エッセイ。 2006.11.9~ 
Copyright(c) Miyabi All Rights Reserved.
(プロフ画像はしいたけさんの絵本から拝借しています)


カテゴリ
リンク
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム