スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1月16日(日)愛のホットケーキ
夜更かししたので、延々と昼まで寝ていた。

午前中、N氏が子ども達と雪かきをしてくれたらしい。
駐車場がきれいになっていた。

昼食時、突然信じられないセリフが。

N氏「アップルパイでも作るか

私「うん。
  ん? えーーーっ!!!?@@;

私「お菓子作りなんて今まで興味なかったのに、何で何でっ!?」

N氏「寒いし……外出られなかったら子どもが可哀想だし。
 それに、前にネットでアップルパイのレシピ見てたんだよね。自分でも作れそうかな、なんて」

今まで勉強のことしか頭になかった人が、子煩悩みたいな一面を見せるとは。
なおかつ、2年前までは料理に全く興味もなかったのに……。
アンビリーバブル!!

私「あなた……なんて素晴らしい父親なの! M、NN、優しいお父さんで良かったね;;

私の賞賛にN氏は気を良くしたらしく、
「M、お父さん優しいだろ?」と同意を求めたり、「俺、優しすぎかな?」等と照れたりしていた。

M 「ねぇ、アップルパイよりホットケーキが食べたい

N氏「……」

電気店へ言った後、スーパーで生クリームとイチゴを買い求め、
N氏と子ども達はホットケーキ作りを開始。
NNがイチゴのヘタを取り(物欲しそうな顔でじーっとイチゴを見ていたが、何とかつまみ食いを我慢した様子)、
MとNNが交代で生地を混ぜた。
N氏が焼いて、イチゴとクリームでトッピング。楽しいひと時となった。

私はその間に怒涛の速さで夕食を用意。台所をなんとか2組で使い分けた。

N氏と子ども達に作ってもらったホットケーキ、美味しかった。
ありがとう。

“小さい頃にお父さんと台所で料理をした。”

その記憶は、きっと子ども達の心にいつまでも残ると思う。
成長の過程で壁にぶつかったり、私達夫婦と衝突したりすることがあっても、
幼い頃に築いた「基礎」の部分は、絶対に崩れないはず。

それにしても……家事を分業できるように色々段取りして努力した成果が思わぬところで花開くとは。
私の努力も無駄ではなかった。

次回は、パイシートを買ってきてアップルパイを作ろうね。
Secret
(非公開コメント受付不可)

プロフィール

柚木みやび

Author:柚木みやび
柚木みやびの日記&エッセイ。 2006.11.9~ 
Copyright(c) Miyabi All Rights Reserved.
(プロフ画像はしいたけさんの絵本から拝借しています)


カテゴリ
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。