スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プラダを着た悪魔


主演 メリル・ストリープ、アン・ハサウェイ。

<ストーリー>
大学を卒業し、ジャーナリストをめざしてNYにやってきたアンディ。オシャレに興味のない彼女が、世界中の女性たちが死ぬほど憧れる仕事を手にしてしまった!
それは一流ファッション誌RUNWAYのカリスマ編集長ミランダ・プリーストリーのアシスタント。しかし、それは今まで何人もの犠牲者を出してきた恐怖のポストだった!ミランダの要求は、悪魔的にハイレベル。朝から晩まで鳴り続けるケイタイと横暴な命令の数々、その上センス、ゼロ!!と酷評され、アンディはこの業界が努力とやる気だけでは闘えないことを思い知らされる。キャリアのためとはいえ、私生活はめちゃめちゃ。カレの誕生日は祝えないし、友達にも愛想をつかされる。この会社で、このままでいいの?私って、本当は何をしたいんだっけ?
(アマゾンの紹介レビューより転載)

入社当初のアンディ。ファッション誌の一流会社に就職したくせにファッションに関心がなく、発言もプロとしての意識に欠けていたと思う。
だが、持ち前の頑張りと優しさで、周囲の人の助けを借りながらファッションセンスを磨き、鬼上司の思考を読んで先回りできる機転を身につけていく過程が素晴らしいと思った。
ファッションに目覚める過程で流れていたマドンナの曲もピッタリだし、
髪に櫛を入れ、洗練された服を身にまとうことで大変身したアンディの姿にも爽快なものを感じた。
(プリティ・プリンセスを思い出した)

ただ、出世していくためには多くの犠牲が必要らしい。
連日の残業で家族や友人との関係が希薄になっていき、他人の羨望や嫉妬も受ける。
また、頼みを聞いてもらった男性に言い寄られて断りにくくなってしまったり、
なかなか一筋縄ではいかない。

私生活を犠牲にして編集長の座に居続けるミランダと、最終的に会社を去るアンディの生き方は対照的で考えさせられた。
私もどちらかと言えばアンディ派だなあ。

いい映画だったと思う。最近仕事に疲れていたのでテンション上がった。
ただ……パリコレを途中で放り出して仕事辞めたのはさすがにどうかと思うが……。
Secret
(非公開コメント受付不可)

プロフィール

柚木みやび

Author:柚木みやび
柚木みやびの日記&エッセイ。 2006.11.9~ 
Copyright(c) Miyabi All Rights Reserved.
(プロフ画像はしいたけさんの絵本から拝借しています)


カテゴリ
リンク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。