スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月5日(火)仮面/七夕
 最近、いや以前からなのだが職場の女子専門職達とは誰とも本音で喋れない…というか、こちらが自己開示して一生懸命話しかけたりしても、心がヴェールで覆われていて届かないのが分かる。表面上は穏やかに接してきてくれるのだけれども、何を考えているのか分からなくて怖い。彼女達自身全員が一匹オオカミで、誰ともつるまないが、本音ででもつきあおうとしない。若い人はそんな感じで、管理職レベルになると、厄介な業務は全部下に押し付けて自分たちはのうのうとしている感じ。ひどい人になると、自分の分だけ超勤手当をつけて、部下の分をつけてあげたりしない。気を配れないのか、悪意なのか。どっちにしても悪質だと思う。「ここにずっといたら、だんだん嫌になってくるやろ。多分今の50代が定年になった後、みんな『自分さえ良ければそれでいい』という風潮になってくるよ」とTお姉様がおっしゃっていたのだが、分かる。人間不信になりそう。
 夕方は地元の七夕祭りへ行ってきた。普段は静かな商店街なのだが、この時ばかりは人でにぎわう。にぎわいって大事だ。人生色々大変なことがあるから、たまに愉しみがないとやっていけない。
 「浴衣着なくちゃ」と張り切るMだが、いかんせん時間がなかったのでじんべえを着せてあげた。二人とも大喜び。NN、ちゃんとN氏に手を繋がれて歩いていて、立ち止まって泣いたりすることはなかった。大きくなったなぁ、と思う。昨年よりもちょっと楽。
 子ども達が関心を見せたのは、りんご飴。りんご飴サイズだと食べられないのでMがぶどう飴、NNがいちご飴にした。ヨーヨーすくいでは、NNがじっくりとピンクのヨーヨーを選んでいたのに比して、Mは2倍くらいの値段がするプリキュアのヨーヨーをサッサとつまんでいた。赤いちょうちんの吊るされた七夕はどれも美しくて、初夏の風情を感じた。
この一瞬が、永遠になればいいのにと思う。

Secret
(非公開コメント受付不可)

プロフィール

柚木みやび

Author:柚木みやび
柚木みやびの日記&エッセイ。 2006.11.9~ 
Copyright(c) Miyabi All Rights Reserved.
(プロフ画像はしいたけさんの絵本から拝借しています)


カテゴリ
リンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。