8月27日(土)レンブラント展 光の探求 闇の誘惑
レンブラント展を見に名古屋まで足を延ばした。
光と影の画家、と言われるレンブラントの作品であるが、
油彩は思ったより少なく、エッチングによる版画が非常に多かった。
キリストの誕生や奇蹟などを描いた宗教画が多く、その次に目立ったのが自画像。
油彩は人物がくっきりと浮かび上がってくるほど、立体的だった。
また、タッチも緻密で思わず唸ってしまうほどであった。
私が気に入った作品は、「東洋風の衣装をまとった自画像」「アトリエの画家」「音楽を奏でる人々」である。
どれも油彩。
かの有名な「夜警」も見たかったが、これは展示されていなかった。残念。

レンブラントの版画は、光によって神の力が示されており、時に漫画的である。
人物の体型などの描き方はさすがに巧かった。
レンブラントがオランダ出身で、早くから画家として成功しながらも、
女性関係や金銭問題に悩みながらその生涯を終えたという話は初めて知った。
とにかく、一生に一度見られるか見られないかの作品に出会えたのは嬉しかった。
それにしても子連れでの展覧会はちょっとキツいー。

N氏の提案で、名古屋駅付近の新しいビル、ミッドランド・スクエアへ。
ルイ・ヴィトンやカルティエ、バカラ等の店を回った。
ヴィトンの内装は凝っていて凄かった。
ビル自体もシックながらも洗練されていて、名古屋らしさを感じた。
道行く女性もオシャレで、ブランドバッグを持っている人が多かった。

ミッドランドスクエア地下のベーカリーカフェでお茶した。
NNはさすがに歩き疲れた様子で、「喉が渇いたぁ」「抱っこ」を連発。
Mまで「抱っこ」と言い出したのでおんぶしてあげた。

帰りにプラダをちょこっと覗いて、和食を食べて帰った。
味噌煮込みうどん、くどいけど名古屋らしいのでつい食べてしまう。

行きは子ども達と車内でしりとりをして、帰りはクイズ。
NNのクイズが面白い。
NN「ながくてー、まるくてー、かたつむりみたいな物なーんだ?」
私 「カタツムリ?」
NN「正解はぁー・・・カタツムリでしたぁ」
この「正解はぁー」の声がちょっと上がる感じでかわいい。
Secret
(非公開コメント受付不可)

プロフィール

柚木みやび

Author:柚木みやび
柚木みやびの日記&エッセイ。 2006.11.9~ 
Copyright(c) Miyabi All Rights Reserved.
(プロフ画像はしいたけさんの絵本から拝借しています)


カテゴリ
リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム