スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1月23日(月)
今日はN氏が1日子ども達と一緒にいてくれ、とても助かった。
Mも小児科へ。インフルエンザの検査は陰性だった。ひとまずホッ。

明日の会議の資料を作成し終えて、書類申請等の業務で一日が終わった。

時に思う。人間の感情は、日々揺れ動くから厄介だ。

今日こうしたい、と思ったら明日にはもう気分が変わっているのが嫌だ。
この気持ちがキープできる人が、きっと何かを達成できる人なのだろう。

信念は維持しにくいが、
「あの時、あんな嫌なことがあった」と思い出すと中々忘れられない。

忘れたいことが簡単に忘れられて、貫きたい意思を保つことが簡単にできればいいのに。
Secret
(非公開コメント受付不可)

筑紫平野さんへ
嫌なことや悲しいこと、覚えているものが多いですが、
忘れているものも結構ありますね。
痛みの分だけ成長もありますが、思い出すたびに自分を苦しめる類のものは、記憶の底に眠っていていて欲しいものです。

時間とともに自分を取り巻く人間関係は変わるので、
環境が変われば、次第に薄らいでいくものなのかも知れませんね。

本当に、歳月とともに時間の経つのを早く感じます。
気がついたらお婆さんに…っていうのは恐ろしいです。
日々後悔することなく人生を送りたいですね。^^;
No title
人は喜びも悲しみも忘れられるから生きていける。
出来事が忘れられず、ずっと覚えてることはあっても、その時の感情は少しずつ薄らいでいく。
そうでなければ悲しい人はずっと悲しいままだし、楽しい人は楽しいままだ。

年を取ると、忘れることが上手くなる気がする。
しかも毎年のように、思い出す時間が削られてる感じ・・・。年々、時のたつスピードが早くなってるようだ。噂によると、人が感じる一年のスピードは年齢に比例するらしい。
例えば6歳の子供が持つ1年の時間は1/6らしい・・・。そして、30歳の人の1年は1/30だから、時間の感覚は少なくなる。
同じ時間を共有する大人と子供が同じ場所に存在するというのも不思議な話しですが、年を取れば思い出そうとするタイミングも減ってるということだろうか?

・・・適当な話しでした。
プロフィール

柚木みやび

Author:柚木みやび
柚木みやびの日記&エッセイ。 2006.11.9~ 
Copyright(c) Miyabi All Rights Reserved.
(プロフ画像はしいたけさんの絵本から拝借しています)


カテゴリ
リンク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。