スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11月4日(日)晩秋の京都
半年ぶりに京都へ行った。
行き先は、N氏の強い希望により寺田屋と南禅寺。

最初に、中村藤吉本店へ。茶そばを戴き、竹の器に入った抹茶パフェを4人で分けた。
あまりの大きさにびっくり。

子ども達は何故かずっとはしゃいでおり、お互いの顔を見ながら、「キャーッ」「エヘヘヘ」と笑いあっている。
嬉しかったのかな。

その後は、坂本竜馬ゆかりの寺田屋へ。
入館できることは知らなかった。当時の刀傷が柱に残っていたりして、事件の生々しさを感じたが、
宿特有の風流なたたずまいが何とも言えない。
2階の窓から見る景色もまた趣がある。

M「こんな家に住みたい!」
私「実際に泊まれるらしいよ」
N氏「ここで9人が死んでるんだぞ…。夜中にうなされそうだ」

私「入り口の鉢に金魚がいたよ」
N氏「きっと幕末の志士の生まれ変わりだな」

……あの~、先程から貴方のセリフが怖いのですがf^^;

南禅寺の紅葉はまだ初めの頃。あと一週間もすれば見事な紅葉が拝めそうだ。
しかし境内は寒かった。もう霜月なんだなぁ。

帰りに「湯豆腐でも…」と言ったのだが、「高いからやめよう」とN氏の現実的な一言で、お好み焼きになった。

お好み焼きを食べながら、Mが突然言い出した。
M「ねえお母さん、うちの県から一番近い大学ってどこ?」
私「えっ? ○○大学と××大学が近いかな」
M「じゃあ私○○大学に行く! お母さんとずっと一緒にいたいもん☆

Mよ、泣かせてくれるではないか…
しかしまだ年長さんなのにもう大学進学とは…
実際にその年頃になったら、都会に行っちゃうかも知れないけれど私は嬉しかった。

帰りの300キロは私が運転したのだが、なかなかにハードだった。
最後の30分は寝てしまうかと思った。運転って大変だ。

途中、後部座席で寝ていたNNがシクシク泣き出し、助手席のN氏の所まで這い出し、
N氏に抱っこされながら自宅に着いたのもいい思い出。
まだまだ赤ちゃんみたいなNNである。
Secret
(非公開コメント受付不可)

筑紫平野さんへ
いつもコメ有難うございます。^^

焼失の記事、寺田屋にも展示してありました。
なんと勿体ない…!;;
龍馬の泊まった部屋や刀傷があったので、新・寺田屋に部分移築でもしたのでしょうか。
ゆっくり展示を見たかったのですが、チビ2人がイタズラしないかハラハラしていたので説明を殆ど読めなかったのが残念です。
次回こそは…!!

庭になっているところ、入りました。
あの場所に本当の寺田屋があったんですか…! 確かに、不思議な雰囲気がありました。
筑紫平野さん、随分前に見に行かれたのによく覚えておられますね。すごい!司馬遼太郎さんの本は、数冊だけですが読んだことがあります。いつかゆっくり読んでみたいです。
NoTitle
寺田屋は龍馬亡きあと「鳥羽・伏見の戦い」で焼失してる。
従って、今の寺田屋は後に建てられた建物だと言われている。そして本当の寺田屋は東隣の庭になってるところにあったそうだ・・・。

僕も30年くらい前に見に行った。当時、司馬遼太郎は殆ど読んでたから、何やら色々と考えさせられる場所やったなぁ。
プロフィール

柚木みやび

Author:柚木みやび
柚木みやびの日記&エッセイ。 2006.11.9~ 
Copyright(c) Miyabi All Rights Reserved.
(プロフ画像はしいたけさんの絵本から拝借しています)


カテゴリ
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。