スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6月1日心がつらい
今までのペースで、仕事家事育児ができない。心に元気がないから。
片付けなくてはならない事が山ほどあるのに、全然進まない。
とりあえず、午前中は洗濯物を家族みんなで畳んで、台所の掃除や食器の片付けはしたけれど…。
たぶん今必要なのは、ほんの少しの余裕と休息。
休みながら、一つずつ片付けていくしかなさそうだ。orz
Secret
(非公開コメント受付不可)

筑紫平野さんへ。心優しきコメント、有難うございます。
仕事は増えていく一方ですねー。なんでもサービス過剰になって、「仕事のための仕事」が多いような気がしますね。

>若かりし頃、休みの日でも仕事のことを考えろ、そして時間は女子供のために使えと教わった。ならば、男はいつ休むのかと問えば、男に休みはないと教えられた。

おおーっ!それは凄い精神論ですね。どこかの誰かに聞いてもらいたい気が(笑)。

四月に、女性の上司が着任したのですが、「柚木さん、よく頑張ってるわ!家に帰ってもしなければいけないことが山ほどあるのに、これだけ多くの仕事をこなして、本当にえらい!!」と褒めてくれました。同じ立場でしか分からない苦労を分かってもらえて、正直うれしかったですね。;;

>休日が終わるのを少しでも悲しいと思えたら充実してるんじゃないだろうか。
そうした日々に偶然出会えた景色だったり、静かな時間に穏やかさを感じるんだと思う。

本当にそうですね。で、時間を作るにはやはりワーク・ライフ・バランスが大事なんでしょうね。
パート勤務が、子育て中の主婦にとっては一番時間的には良いような気がしています。
しかしながら、厳しい就活を勝ち抜いて手に入れた職から中々離れられないというジレンマがあり、なかなか難しいところです。
安倍政権は、女性の活躍を後押しする。と言ってたけど、結論として女性の労働環境は今も守られてないって事なんだろう。
若かりし頃、休みの日でも仕事のことを考えろ、そして時間は女子供のために使えと教わった。ならば、男はいつ休むのかと問えば、男に休みはないと教えられた。
現実には、それでは続かない。でも精神論として胆に銘じておけって事なんだろうなぁ。

物事に辞められることと辞められないことがあると思う。
①仕事は辞められる。
②家事は辞められる。
③お母さんは辞められない。

穏やかな日常とは何処にあるんだろう?。
もしも自分の時間が沢山あって何もすることがない日々があるとすれば、どこかに遊びに行っても本当は楽しめないと思うんだ。きっと自分の居場所があって、忙しい合間に頑張って時間を作る。そして楽しむ。もしも休日が終わるのを少しでも悲しいと思えたら充実してるんじゃないだろうか。
そうした日々に偶然出会えた景色だったり、静かな時間に穏やかさを感じるんだと思う。
もっとも頑張っても、なかなか時間が作れないから苦しいんだけどね・・・。
プロフィール

柚木みやび

Author:柚木みやび
柚木みやびの日記&エッセイ。 2006.11.9~ 
Copyright(c) Miyabi All Rights Reserved.
(プロフ画像はしいたけさんの絵本から拝借しています)


カテゴリ
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。